水太りの特徴と改善策!太らない身体作りを目指そう!

image1

出典:dietbook.biz

最近、身体がむくんでいる・・太ってきているという人、太った原因をご存じですか?
肥満にはいくつか原因があり特徴と原因策を知る事でダイエットの成功の近道となりますので抑えておきましょう。近年増え続けている水太りですが基礎代謝の低下に原因があると言われています。基礎代謝とは生命活動に消費されるエネルギーの事で、なくてはならないエネルギーです。睡眠中、食事中呼吸している時など無意識の間に基礎代謝は活動しています。体温が1度下がると基礎代謝が12%下がると言われています。水太りの人は冷え性の人が多いのも特徴です。代謝が悪いと余分な物よ体内に溜め込んでしまう為、肌荒れ等を起こしてしまいがちです。血流を良くする様心がけましょう。

自分が何太りかを把握しておこう

image2
自分がどのような体形かを把握しておくと何太りか解るので健康維持しやすいです。
Aタイプ

  • トイレに行く回数が少ない
  • 太ももを指で押すと戻りにくい
  • 便秘や下痢に悩まされる事がある
  • 下着や靴下などの跡が肌につく事がある
  • 乾燥気味である

Bタイプ

  • 体にメリハリがない
  • 早食いしてしまう
  • 太ももにお肉がのっかる
  • 体脂肪が平均以上ある
  • ニキビが良くできる

Cタイプ

  • 昔運動をしていた(運動部だった)
  • 運動していた時と同じ位の食事量である(大食いだ)
  • 運動してもスタイルは変わらない
  • 脚は固く太い
  • 運動後にマッサージやストレッチをしない

Aが最も多かった人は水太りタイプです。日本人の7割が水太りと言われているというほど多いタイプでむくみやすいのが特徴です。
Bが多かった人は脂肪太りタイプです。摂取カロリー>消費カロリーの生活をしていると体内に脂肪が溜まっていきます。カロリー制限してコントロールしましょう。有酸素運動もお勧めです。
Cが多かった人は筋肉太りです。筋肉と筋肉の間に脂肪が蓄積されてカチカチになった脚が特徴です。筋肉太りは3つの中で一番痩せにくいのでマッサージやストレッチをして筋肉をほぐす事がポイントです。筋肉を鍛えるよりはストレッチをしましょう!

水太りの原因は?

水太りとはどのようにして起きるのでしょうか。単純に水分を取りすぎてむくんでしまったのでしょうか。水が原因ではありません。水太りの根本的な原因として、水分代謝の機能が低下していると言うことです。水は下に溜まる性質をもっていますので体内でも常に下にいこうとします。水分代謝の悪い人はうまく水分を排出できていなく夕方にかけてむくみが始まります。この生活が毎日の様に続くと冷え性や慢性のむくみにつながります。すでにむくみが気になるという人は水太り予備軍かも?と疑ってもいいくらい女性に多い水太り。どちらかと言うと運動不足の人に見られがちな体質です。この際キッチリ体質改善しましょう!

便秘と肌荒れ大丈夫?気になる関係性

image3

出典:b-steady.com

便秘や肌荒れで悩んでいる人いませんか。実はむくみと肌荒れ、便秘は大事な関係にあるのです。むくみや便秘は自律神経の異常から発生している場合が多く血行不良が原因です。
便秘は男性よりも女性に多く見られますがそれは皮下脂肪が女性の方が多いからです。皮下脂肪が多いと、体液が溜まりやすくなりむくみやすくなるからです。少しでもむくみやすいタイプだと思ったらストレッチをするクセをつけましょう。むくみ、便秘や肌荒れ(老廃物)対策には皮下脂肪がポイントとなります。
また便秘が何日も続いてしまうと自律神経の機能が弱まり、「自律神経失調症」となり精神的にも影響が出てくるので規則正しい生活を心がける事が大切です。
肌荒れと便秘改善には「良質な睡眠」「バランスのある食事」「ストレスレス」な生活です!

水を飲むと太る?!

image4
出典:itmama.jp

むくみやすいから水分は取らない!という人・・危険です。人間の身体の6~7割は水分で出来ており水分が不足してしまうと肌がカサカサになり血液がうまく循環してくれません。
最低でも1日に2リットルは体外へ排出されるといわれています。1日1.5リットルは水分を摂取することが美への近道です。その他、食物に含まれている水分で補うなどして調整することが必要となります。食物に含まれている水分などで約1リットルを目安としましょう。1日の水分必要量は2.5リットルを目安とします。あまり取りすぎると今度は過剰摂取になってしまうので注意します。「水を飲むと太る」ではなく排出できていなくむくんでいる状態が水太りなのです。しかしその状態を放置していると水分が脂肪細胞に付着してセルライトが出来てしまいます。きちんとケアしましょう。

水のカロリーは?

水のカロリーはゼロです。しかし飲料水のような塩分、糖分の入ったものだとカロリーオーバーになってしまいますので気を付けましょう。飲料水の取りすぎはむくみの元です。塩分、糖分の多量摂取は血流を悪化させ、悪影響です。喉が渇いてゴクゴク飲む事のない様気をつけましょう。夜寝る前に水を飲むと朝方むくんでしまうという人は体内に溜まっている証拠。朝起きたら利尿作用のある食べ物を食べると効果的です。

下半身太りは水太りがナンバーワンだった!

image5
出典:yasenainohanaze.seesaa.net

下半身だけが異様に太って見える「洋ナシ体形」は特に女性に多いと言われています。
下半身太りの原因にはむくみと骨盤の歪みが第一に考えられます。骨盤が歪むと血液がうまく流れてくれず結果むくんでしまうという悪循環でもあります。水太りの人は骨盤の歪みにも注意しましょう。下半身太りはふくらはぎの筋肉が衰えてきている為、ポンプの役割を果たしてくれません。デスクワークの人はくるぶしを回したりしてインナーマッスルを鍛えることが大事です。塩分控えめの食事にしたり、冷たい食べ物は控えたりすることもお勧めです。下半身太りは生理不順など女性特有の症状がでてきますので身体を柔らかくして血行改善していくことが大切です。

リンパマッサージを念入りにしよう

image6
出典:lymphmassage.web.fc2.com

血液は栄養や酵素を身体の全身に送ってくれます。それに対してリンパ液は老廃物や毒素を体外へ排出してくれる役目をしてくれるのですがこのリンパが滞ってしまうとむくみにつながり水太りの原因となるのでリンパマッサージはとても大切だと言えます。またリンパが詰まると血液の流れにも影響が出るので出来るだけ毎日行いましょう。
リンパマッサージをすることにより基礎代謝が上がり痩せ体質になります。入浴後の血行が良くなった時間帯がベストです。入浴前にコップ1杯の水を飲みリンパの流れを促す事がポイント。

水太り改善マッサージ法

image7
出典:ameyoko.jp

(1) リンパ節(鼠蹊(そけい)部、ヒザ裏、足首)を刺激し、老廃物を流しやすくします。
(2)ふくらはぎを、両手でなで上げるようにさすります。
(3)すねをさすります。親指でなで上げるとうまく流せます。
(4)ヒザの後ろのくぼみ(リンパ節)を5秒間押して刺激します。それから、ヒザ裏をていねいにマッサージします。
(5)太ももの外側を、ヒザから付け根に向かって脂肪をつぶすイメージでつまみます。
(6)両手で脂肪をねじるように、太ももを絞り上げます。
(7)老廃物を移動させるイメージで、太もも全体をなで上げます。
(8)太ももの付け根にあるリンパ節を刺激します。流れをよくするためにぐっと押しましょう。
上記の流れを、左右それぞれ3回程度行いましょう。
むくみ解消やセルライトの予防には、その日のむくみを持ち越さないことがなにより大切です。

出典:skincare-univ.com
リンパマッサージは「下から上へ痛くないほどに」が基本です!

カリウムを積極的に取ろう!

むくみと水太りとの関係性が解り、むくみをもっと効率的に無くすにはどうしたらいいのでしょうか。現代人に必要なカリウムに注目してみましょう。
カリウムはミネラルの一種で大切な栄養素です。1日のカリウムの目安摂取量は男性2500mg、女性2000mgですが減少傾向にあります。このカリウムには利尿作用がありナトリウム(塩分)を排出してくれる嬉しい作用があります。食物やサプリメントで積極的に取るようにしていきましょう。体内ではナトリウムとカリウムで栄養バランスを保っていますが欧米化の食生活や外食などでナトリウムの摂取量が多くなってきたのが事実です。意識的にカリウムを取ることが大事です。

むくみ解消カリウム効果

むくみ解消に効果のあるカリウムは主に果物、野菜に多く含まれています。どのような食べ方がいいのかチェックしておきましょう。朝方に食べると利尿効果があるのでむくみ防止にお勧めです。カリウムを摂取して余分なナトリウムを排出していきましょう。

カリウムの多い食物-果物編-

  • アボカド(100g) 1000mg
  • バナナ (100g)360mg
  • キウイ(1個) 320mg
  • アーモンド(100g) 740mg

その他メロンなども100mg当たり340mgとカリウムが豊富です。果物には基本的にカリウムが豊富に入っているイメージがありますね。しかし果糖も同時に摂取してしまうので午前中に取るようにしましょう。アーモンドなどはおやつに最適です。1日15粒~20粒食べるとアンチエイジング効果も期待できます。

カリウムの多い食物-野菜編-

image8
出典:healthil.jp

では野菜編はいかがでしょうか。明日からお弁当に取り入れてみましょう。

  • パセリ(100g)1束 1000mg
  • ほうれん草 (100g)690mg
  • さつまいも 1個 450mg
  • にんにく (100g)510mg
  • 枝豆 (100g) 490mg

パセリが圧倒的に高いのが解りますね。ほうれん草とパセリ、好きな果物(バナナ、リンゴetc)などでスムージーを作ると無敵の組み合わせになります。1日に1度は飲む様にしましょう。お芋の煮つけなど作り置きするのもいいかもしれません。
またスルメやイワシなどにも多くお酒が好きな人はおつまみに揚げ物ではなく枝豆やスルメなどをチョイスすると利尿作用が働いてくれるので効果的です。
一口イワシなどをカバンに入れておくと簡単にカリウムが取れるサプリメント的な役割も果たしてくれます。

不規則な生活を改善しよう

生活習慣も水太りは影響しておりストレスのない規則正しい生活をすることが理想的です。睡眠と栄養、運動のバランスを自分で把握して毎日の疲れを癒してあげましょう。食事中は500リットルの水を飲むなど自分なりに決めておくと水分調節もしやすいです。

食生活の見直し!どうする?

理想は早寝早起き!一汁一菜!と言いたいとこですが残業で遅くなったり飲み会が続いたりと現実は忙しいですね。出来る範囲で体内調節していく事がポイントになります。家に帰ってきたらジュースではなく水にする、居酒屋では揚げ物ではなく茹で野菜にする、です。毎日5分はマッサージの時間を作るなどルーティーンを自分に与えるだけで意識が変わります。タンパク質はエネルギーとなるので意識して摂取しましょう。肉、魚(青魚)、豆類はスーパーでも積極的に手に取りたい食品です。添え物にカリウム豊富の野菜を添えたりサラダにしたりすると体内バランスOKです。身体が喜んでくれます。就寝前は身体を冷やさない為に白湯がお勧め(冬はショウガを入れると尚温まります)

毎日のストレッチで簡単ケア

毎日寝る前にはストレッチをしましょう。股関節には大きなリンパ節があります。このリンパが詰まると下半身がむくんでしまうので詰まらなせないように日々のケアが大事です。

あおむけに寝て、足と腕を思いきり伸ばしてください。
ちょうど伸びをするような形です。
もう伸びない、というところまで伸ばしたらゆっくりと力を抜いてください。

出典:karada-naosu.net
身体の全身ストレッチです。時間に余裕のある人は下半身のストレッチも行うと効果的です。

あおむけに寝ます。
そのまま左足を垂直に上げて両手で支えましょう。
そのさい、右足が床から30度のところまで上げて、そのままキープします。
これを左右10回ずつ行いましょう。
足の付け根には太いリンパ管が通っています。

出典: karada-naosu.net

毎日行うとお尻と脚が引き締まってきます。セルライト対策にも最適です。最初辛い人は回数を自分で決めるのもいいですね。無理しない程度に行いましょう。

寝る1時間前が身体が温まり安眠効果につながります。

骨盤回りを引き締めよう

image9
出典:cosme.net

骨盤を引き締める事で血流がよくなりむくみが改善されます。デスクワークの人や家事仕事など同じ姿勢が多い人は骨盤が傾きやすい傾向にあります。毎晩骨盤ストレッチを取り入れましょう。

  • うつ伏せに寝ます
  • 左右にお尻を軽く揺らすイメージでフラフラ揺らします
  • お尻を軽く叩き骨盤を整える
  • また左右に骨盤を揺らす(20回ほど)

寝ながら出来るので音楽を聞きながらのストレッチがお勧めです。骨盤を揺らす事でお尻周りの筋肉がほぐれ骨盤が正しい位置に戻ります。

  • 両足を肩幅くらいの幅に開きまっすぐに立つ
  • 両手を腰に当て腰を回す
  • 左に20回、右に20回
  • 回しにくい方をもう10回、行う

立ったまま骨盤を整える事が出来るので職場や外出先などで応用が効きそうですね。昼と夜と使い分けて鍛えていきましょう。

毎日の入浴でデトックス

入浴には美容はもちろん健康にも大変な効果があります。血行が促進されることから栄養や酸素が入浴を通して身体全身に行き渡る様になります。汗で老廃物を排出してくれるので入浴前には水分は必ず飲む様にしましょう。汗をかきにくい冷え性の人は半身浴など長時間の湯舟に浸かる事がお勧めです。38度から40度くらいに温度設定します。

まとめ

水分太りというのは女性にとても多いタイプの太り方です。酷くなると生理通や冷え性が進行し、腰痛の原因にもなります。毎日のむくみをコマめにとっていくことがカギです。すでに出来でしまったむくみやセルライトに関してはマッサージやストレッチで取り除いていきましょう。毎日の血液の流れを良好にリセットし綺麗に老廃物を排出できる様になって肌荒れや便秘が改善されます。ビタミン、ミネラルはなるべく食物から取るよう心がけましょう。忙しい人でも朝食は取ることが大事です。「睡眠」「栄養」「運動」が水分太りとサヨナラするポイントとなりますのでストレスのない様キツイダイエットは禁物です。
ストレッチに慣れてきたら軽く有酸素運動を取り入れると脂肪燃焼効果もありセルライト対策にもなります。ジョギングを15分やってみるだけでもリンパの流れがスムーズになり血行がよくなります。運動した後は必ずマッサージをし
て筋肉をほぐして下さい。水太りは少しの意識で変わります。
明日から生活習慣を変えてみましょう。