不妊治療、人工授精、体外受精、顕微授精の詳細、費用、成功率やリスクは?

不妊治療の基本的な流れは、検査→タイミング法→人工授精→体外受精→顕微授精です。もちろん検査は治療の度に追加されていく可能性もあります。今回は不妊治療について詳しくご説明します。

 

不妊治療

自然に任せていても、妊娠しないな…と思ったら、産婦人科を受診します。できれば不妊治療専門と銘打ったクリニックだと詳しい検査や治療までトータルに受けられますのでオススメです。妊婦さんと待合室で隣り合わせになって辛い、ということも避けられます。

不妊治療を始めるときは、男性側も女性側も、まずいろいろな検査を受けます。

男性が受ける検査

精液検査

絶対にはずせない検査です。精子の数、運動率、奇形率などをチェックします。この検査結果次第では自然妊娠が難しいと判断され、人工授精以上の治療を行うことになります。異常があれば、ホルモン検査、超音波検査、染色体検査などさらに検査が追加されます。

女性が受ける検査

基礎体温

自宅で朝起きてすぐの体温を測ります。少なくとも2サイクル分はあったほうがいいので、早いうちから自分で測定して記録しておきましょう。排卵の有無の推定や黄体機能不全ななどの異常がわかることがあります。

ホルモン検査

FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)、エストラジオール(女性ホルモン)、甲状腺のホルモン、プロラクチン(母乳を作るホルモン)などを測定します。月経や排卵に異常がある原因を突き止め、治療できることがあります。

内診、経腟超音波検査

子宮筋腫や子宮腺筋症がないか、卵巣が腫れていないかなどをチェックします。また、クラミジアなどの不妊につながる感染症の検査もこの時行います。

子宮卵管造影

以下の項目をチェックするために行う検査です。X線を当てながら、子宮の中に油系の造影剤を注入しますので、検査の時期は妊娠の可能性がないよう生理開始から10日以内に限定されています。

  • 子宮の内側の形…中隔子宮、双角子宮、子宮内膜ポリープや筋腫による変形
  • 両側の卵管の通過…クラミジアなどの炎症で閉塞していないか
  • 卵巣周囲の癒着…炎症などで癒着していないか

子宮に変形があると、受精卵が着床しにくい可能性があります。何か異常があれば、子宮鏡などで手術して妊娠率の向上を目指します。
卵管が閉塞していれば、せっかく排卵した卵子が受精できません(受精は卵管で行われます)。卵管が閉塞している場合、かなり圧力をかけて造影剤を注入しますので痛みが出やすいです。完全に閉塞している場合は卵管鏡で手術するか、体外受精・顕微授精へステップアップします。

また、卵巣周囲の癒着を見るために、卵管からお腹の中に造影剤をぽたぽたと落とします。その時は何も異常がなくても痛いと感じる人が多いです。翌日おなかのレントゲン写真を撮って、造影剤が十分広がっているかどうかで癒着の有無を推定します。もし癒着がある場合は、排卵していても卵管の中に卵子が入っていけないのかもしれません。その場合は腹腔鏡手術で周囲の癒着を取るか、体外受精・顕微授精へステップアップします。

ヒューナーテスト

性交渉の翌朝に産婦人科を受診して、頸管粘液を検査します。頸管粘液で精子が生きていない場合は、さらに抗精子抗体を検査します。抗精子抗体陽性の場合は、人工授精を勧められます。

これらを検査して問題がなければ半年程度タイミング法を指導されます。異常があれば、もちろんその治療(子宮筋腫を取る手術など)や、異常のある部分を乗り越えて妊娠できるような方法(人工授精など)を探していきます。

人工授精

排卵日直前~排卵日(自然な排卵か、排卵誘発剤を使うこともあります)に病院で行います。具体的には、夫の精子を採取してもらい、洗浄・遠心分離による濃縮を行ってから、細いチューブで妻の子宮に注入します。

どんな人がするの?

  • タイミング療法を半年したが妊娠しない
  • 抗精子抗体が陽性
  • 精子が少ない
  • 勃起不全などで通常の性交渉が難しい
  • 妻の年齢が高く妊娠を急いでいる

これらの場合は人工授精が勧められます。状況によってはタイミング法を行わず、人工授精からスタートになることもあります。

費用

保険がきかない自費診療です。費用は各病院によって違いますが2~3万円くらいのところが多いようです。

成功率

タイミング法でうまくいかなかった人のうち、約10%が人工授精で妊娠します。排卵誘発剤を使って人工授精する場合は12~15%と少し上がります。人工授精で妊娠する方の大半が1~2回目で成功しますので、5回程度人工授精をトライしてもうまくいかない場合は次のステップ、体外受精へ進みます。

リスク

  • 出血…細いチューブを入れるので少し出血することがあります
  • 子宮内の感染…ごくまれです
  • 排卵誘発に伴うリスク…多胎妊娠、卵巣過剰刺激症候群

また、子宮外妊娠の確率が少し上がるといわれることもありますが、はっきりとはわかっていません。

体外受精

まず、排卵誘発剤を使用して、卵子をいくつか育てます。排卵する直前まで卵子が育ったところで、採卵といって経腟超音波で見ながら腟から卵巣に向かって細い管状の針を刺し、吸引して卵子を取り出します。精子もとってもらい、卵子と清潔なシャーレの上で出会わせて受精させます。

こうしてできた受精卵が何日か育ったところで、1つ選んで、細い器具を使って子宮の中に移します。

どんな人がするの?

  • 人工授精で妊娠しない
  • 精子の異常はない又は異常があるがひどくはない
  • 両方の卵管が閉塞している
  • 抗精子抗体が陽性
  • 妻の年齢が高く妊娠を急いでいる

人工授精と重複する部分もありますが、大まかには精子の異常か卵管の異常、または人工授精で妊娠しない場合と考えるとわかりやすいかと思います。

費用

人工授精同様、保険はききません。費用は各病院によって違います。1回20万台のところもあれば50万かかるところもありますので、病院に問い合わせましょう。
自治体の不妊治療助成制度が受けられることがあります。お住まいの地域のHPをチェックしてみましょう。

成功率

2014年に日本産婦人科学会が出した報告では、2012年の体外受精の妊娠率は、1回の移植あたり22.6%です。施設によってもかなり差があり、平均よりもぐっと良い結果を出しているところもあります。

リスク

流産

上と同じ2012年分の日本産婦人科学会の報告では、体外受精による妊娠のうち、流産率は24.8%です。全妊娠での流産率が15%ですから、体外受精は他の妊娠方法に比べ、やや流産しやすいと言えるでしょう。
なお、子宮外妊娠率は1.6%で、全妊娠の1%とほぼ変わりない結果でした。

出血、感染

採卵の時に細い針で卵巣を刺しますので、出血したり、感染をおこしたりすることがあります。

多胎妊娠

以前は体外受精の成功率が低かったこともあり、受精卵を2つ戻すことが多かったのですが、多胎妊娠が多くなったため、戻す受精卵は基本的には1つというルールができました。2012年の体外受精による多胎率は3.9%と、自然妊娠の場合と同じくらいになりました。

顕微授精

治療を受ける側にとってはほぼ体外受精と同じ手順なのですが、受精させる方法が違います。体外受精が精子と卵子をシャーレ内で自由に受精させるのに対し、顕微授精は顕微鏡で見ながら、1つの卵子に厳選した1つの精子を特殊な器具で注入します。受精卵を戻す方法は体外受精と同じです。

どんな人がするの?

  • 体外受精でも妊娠しない
  • 健康な精子が著しく少ない
  • 妻の年齢が高く妊娠を急いでいる

顕微授精が特に力を発揮するのは精子が少ない人の場合です。極端にいえば1つでも精子があれば妊娠する可能性があるのです。無精子症などで精子が精巣にしかみられない場合は、局所麻酔をして精巣から精子を取り出して顕微授精をします。

費用

人工授精・体外受精同様、保険がきかず、費用は各病院によって違います。1回50万前後ですが100万近くかかることもあります。
自治体の不妊治療助成制度が受けられることがあります。お住まいの地域のHPをチェックしてください。

成功率

2012年の顕微受精での1回の移植あたりの妊娠率は、自分で精子を採取してもらった場合が19.0%、精巣内から精子を採取した場合が15.3%です。かなり高い数字ではないでしょうか。

リスク

流産

日本産婦人科学会の報告では2012年の顕微授精による妊娠のうち、流産率は自分で精子をとった場合が28%、精巣内から精子を採取した場合が26.2%です。やはりやや流産率は高くなります。

出血、感染

体外受精と同様です。
また、体外受精、顕微授精では先天性の異常が増えるという報告もありますが、一方で自然妊娠と確率は変わらないという報告もあります。治療によるリスクだけでなく、親の年齢が高くなりがちなこと、自然妊娠が難しい何らかの要素が関わっている可能性など、さまざまな理由が考えられ、今後研究が進んでいくと思われます。

参考文献:平成 25 年度倫理委員会 登録・調査小委員会報告 (2012 年分の体外受精・胚移植等の臨床実施成績および 2014 年 7 月における登録施設名):日本産婦人科学会雑誌第66巻第9号、2445-2481