不妊治療した芸能人・有名人、ブログや治療法まとめ

芸能人の中にも、不妊治療を経て妊娠・出産した方がいます。華やかな世界にいる方でも、わたしたち一般人と同じように不妊に悩んでいたのだと思うとぐっと親近感がわきますね。今回は不妊治療をした芸能人についてまとめてみました。

東尾理子さん

出典:vip-times.co.jp

不妊治療を経て、2012年に石田純一さんとの間に第1子の理汰郎くんを出産。現在は第2子を妊娠中です。

「『不妊』じゃなくて、TGP 私の妊活日記」という本も出版されています。TGPとはTrying to Get Pregnant(妊娠しようとがんばっている)という意味の、東尾理子さんの造語です。

行った不妊治療

    • タイミング法
n0701
  • 人工授精(6回)
  • 体外受精

ブライダルチェックでは何も異常はなかったそうですが、なかなか妊娠しなかったそうです。東尾理子さんのように、不妊症って必ずしもはっきりした原因があるとは限らないの難しいところですよね。

ブログ

http://ameblo.jp/riko-higashio/
2011年6月11日から、不妊治療についての記事が始まります。治療をしてうまくいかなかったときのことや、妊娠反応が陽性になったことなどもすぐに公表されていて、読者と一緒にがんばっていこう、という東尾理子さんの気持ちが伝わってきます。

矢沢心さん

n0702
出典:http://ameblo.jp/yazawa-shin/

学生時代から、「多嚢胞性卵巣症候群」という排卵しにくい体質であることがわかっていたという矢沢心さん。2007年に魔裟斗さんと結婚し、2008年から不妊治療を開始したそうです。

第1子妊娠までの、不妊治療の間のことは、著書『ベビ待ちゴコロの支え方-あきらめない妊活、31のコツ』にまとめられています。第2子は自然妊娠だったのか、妊娠発表の際、「マサカの奇跡」と表現されていました。

行った不妊治療

  • タイミング法
  • 人工授精
  • 体外受精(6回)

体外受精は最初の病院で4回行ってうまくいかず、転院して再チャレンジされているようです。不妊治療開始から、第1子出産まで5年。華やかなお仕事の陰で、長い間がんばってこられたんですね。

ブログ

http://ameblo.jp/yazawa-shin/

山本モナさん

n0703
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E3%83%A2%E3%83%8A/

矢沢心さんと同様、多嚢胞性卵巣症候群であることを告白した山本モナさんも、不妊治療を行った芸能人のひとり。現在はふたりのお子さんのママであり、第3子妊娠に向けてがんばっているとのことです。

行った不妊治療

  • タイミング法
  • 排卵誘発

多嚢胞性卵巣症候群は排卵に問題があるので、内服薬と注射での排卵誘発を行っていたようです。時にはうまくタイミングが取れず、旦那さんと喧嘩してしまったこともあるんだとか。そんなエピソードを知ると、とても身近に感じますね。

ブログ

http://ameblo.jp/nakanishi-mona/
2011年10月19日のエントリーで、病院を受診したら多嚢胞性卵巣症候群であったことが告白されています。

ダイヤモンド・ユカイさん

n0704
出典:http://www.oricon.co.jp/news/2060549/full/

男性としては珍しく(?)、自身が原因の不妊症(無精子症)であることを告白したダイヤモンド・ユカイさん。『タネナシ。』という著書に無精子症のことが書かれています。

奥さんの受診に「ついていっただけのつもりだった」病院で閉塞性無精子症と診断され、目の前が真っ暗になったそうです。2~3日は口もきけなかったのだとか。しかし不妊治療が功を奏して、双子のパパになりました。

行った不妊治療

  • 顕微授精

閉塞性無精子症ということで、タイミング法などはなく顕微授精のみです。といっても、ダイヤモンド・ユカイさんは精巣を切開して精子を取り出す処置を行っています。自身もつらかったそうですが、卵子を薬で育てて採卵する奥さんの方がつらいとわかっていた、と語っています。

顕微授精は近所のクリニックで2回行うもうまくいかず、北九州の病院で治療したことが公表されています。男性不妊関係のイベントにも多く出席されていますよ。

ブログ

http://ameblo.jp/diamondyukai/

大島美幸さん

n0705
出典:http://www.cinematoday.jp/page/N0078334

体を張った芸風で、たくさんのバラエティ番組で活躍する森三中・大島美幸さん。御主人は放送作家の鈴木おさむさんです。実は結婚して10年の間に、流産したこともあったと、のちに公表されています。
レギュラー番組や主演映画もある中、「妊活休業」を掲げてしばらく不妊治療に専念しておられましたが、2015年6月に無事男の子を出産されました。

行った不妊治療

  • 子宮筋腫の治療(UAE)
  • タイミング法
  • 人工授精

UAEとは、スポンジ状になる薬やコイルを使って、子宮の動脈を人工的に閉塞させることで、子宮筋腫を「兵糧攻め」にする治療法です。大島美幸さんは、妊活休業に入ってすぐUAEを行ったそうです。

UAEと並行して何度かタイミング療法を行った後、人工授精にステップアップしたそうです。ステップアップした理由については「タイミング法であまり粘らない方がいいと言われたから」とご主人の鈴木おさむさんが語っておられます。

現在はテレビに復帰されていますが、妊活休業前よりほっそりされています。妊娠のために少しダイエットなどもされていたのかもしれませんね。

ブログ

大島美幸さんはブログを行っていませんが、妊娠の経緯などは鈴木おさむさんが代わりにブログに書いておられます。
出典: http://ameblo.jp/smile-osamu/