妊活中の飲酒はNG?しっかりと準備して元気な赤ちゃんを産もう!

妊活中はお酒を控えるべきなのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?仕事をされていれば、その付き合いでお酒を飲むこともあるかもしれません。妊活中にどう、お酒と付き合っていけばいいかを今回はお伝えしていきます。そして、元気な赤ちゃんを授かれるようにしたいですね。

お酒を飲むと妊娠しにくくなるの?

「妊娠しにくくなる」ということはありません。ただ毎日の飲酒は避けるようにしましょう。具体的にどのくらいの頻度であればいいかというとお酒は週に2日は休むようにするといいそうです。また、杯数の目安としては1日2〜3杯にしておきましょう。ビールだとコップ2杯を目安にしましょう。

アルコールによる妊娠への影響は?

女性が1日2杯アルコールを摂取すると不妊の割合が60%に増します。1日1杯でとどめておくと不妊の割合が35%低下します。ワインを飲むと妊娠するまでの期間が短縮したり妊娠しやすくなったという報告もあるそうです。
男性がお酒を飲んでもそれによって精液に悪い影響は与えないそうです。
アルコールを飲むと血流がよくなることから体が温まったように感じますがアルコールは体を冷やすものが多いです。妊活中は冷えるのがよくないので気をつけた方が良さそうですね。
先ほど、ワインには良い報告があるとお伝えしました。赤ワインは常温で飲む場合が多いですよね。そうすることで赤ワインが体を温めてくれるそうですよ。お酒を飲むのが好きという方は赤ワインを適量飲むといいかもしれませんね。くれぐれも飲み過ぎには注意です。

できれば妊活中からお酒を控えましょう

お酒が好きな方にとっては禁酒はあまり考えたくないかもしれません。それにお酒を少量飲む分には問題はないとお伝えしてきましたが逆に言えば妊活中はいつ妊娠してもおかしくありません。
妊娠が分かった喜びと同時に最近お酒を飲んでいた場合、赤ちゃんに影響しないか?と不安になると思います。そうならないためにもお酒を飲む日を決めるか妊活を機に一旦お酒を辞めることがいいかもしれません。ただ、それにはパートナーの協力も必要です。

お酒によって、こんな悪影響があるかも?

①活性炭素による卵子の質の低下
お酒を少量飲む分には問題ないとお伝えしてきたものの、はっきり妊娠に影響しないと言いきれないのが事実です。アルコールの摂取で卵子の質が低下してしまう可能性があります。
体内に入ったアルコールは異物とみなされ胃腸から肝臓に送られて分解されます。アルコールを分解する間にたくさん発生する活性炭素は妊活に影響を与えることがあります。活性炭素は本来は細菌やウイルスを退治してくれるはたらきがあり悪いものではありませんが飲酒で発生する活性炭素は本来の役割以上に健康な細胞までも攻撃してしまい酸化させるそうです。その酸化が不妊を招く可能性があります。

②アセトアルデヒドによる胎児への影響
あなたは二日酔いになったことありますか?その二日酔いの原因になっているのが「アセトアルデヒド」という有害物質です。アセトアルデヒドはアルコール飲料に入っているエタノールが代謝することで発生します。アセトアルデヒドは人体に有害な物質で妊活中でなくてみ気をつけるべきです。気づかないうちにもし妊娠していたりすると退治アルコール症候群といった悪影響が赤ちゃんにも及んでしまいます。

③男性の飲酒による影響
男性には特に飲酒で影響はないとお伝えしてきましたがそれは少量の場合です。記憶がなくなるほど飲むというような場合は注意が必要です。深酒で亜鉛不足で精力が低下することがあります。また記憶がないほど飲んだ場合の影響は正常に精子を作れなくなったり、精子の量が減るそうです。そうなると夫婦での妊活にも影響が出ますので気をつけましょう。

胎児性アルコール症候群について

妊娠中にアルコールを摂取した場合に影響が出るものですが妊活中はいつ妊娠してもおかしくないので飲酒によるリスクを知っておきましょう。
胎児性アルコール症候群は妊娠中にアルコールを飲んだからといって必ず起こるわけではありませんが赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になった場合治療法はありません。
あなたが口にしたものは赤ちゃんの栄養になります。胎盤には体に悪いものを通さない役割がありますが飲酒したアルコールはそのまま胎盤を通ってしまいます。それにより胎児にアルコールが届いてしまいます。まだ未熟な胎児にとってアルコールは発育を妨げる原因になります。
このことも踏まえて出来るだけ妊活中からお酒を飲まないようにするといいかもしれません。

まとめ

今回は妊活中のお酒が与える妊娠への影響などをお伝えしてきました。少量程度なら問題はないという見解が多いですが妊活中はいつ妊娠してもおかしくないので出来る限り「禁酒」をオススメします。妊活中の方がお酒を飲みたいと思った場合はリセットしてしまった日に飲むのが一番いいかもしれません。ただし飲み過ぎはいけません。妊活中は我慢しすぎるのもよくないので適量を飲むのはいいと思います。ただ妊娠したらお酒を飲むのは絶対にいけません。ノンアルコールのビールやカクテルもあるのでそれで代用するのもいいと思います。