妊活中のストレスの原因と解消方法9選!【お母さんの心の健康】

妊活中は「赤ちゃんを授かりたい」という気持ちから頑張りすぎてストレスを溜めやすくなってしまうこともあるかもしれませんね。それ以外でも日常生活や仕事でストレスになることもあるのが現実です。今回は特に多い妊活中のストレスの原因とストレス解消方法を今回は紹介しますので是非、参考にしてくださいね。

妊活中の4大ストレス原因とは?

原因①周りからの期待の言葉や否定的な言葉

周囲の人からすると親切心や嫌味ではなく放たれた一言も妊活中の女性にとってはストレスに感じてしまうことも結構あるのではないでしょうか?「まだ赤ちゃん出来ないの〜」、「2人目はまだ?」、「仕事してるから出来ないんじゃないの?」など・・・期待を込めてくれたり、心配のつもりで言ってくれていたとしても、身内や他の人からも同じようなことを言われていたら、やはり嫌な気持ちになったりしますよね。赤ちゃんが出来ないことに一番悩んでるのは自分自身ですし、周りからの期待などはプレッシャーになり結構なストレスになるものです。

また妊活というと変な目で見てくる人もいたりして、なかなか周りの理解を得られないこともありますよね。

原因②仕事によるストレス

働きながら妊活を頑張っている方もいると思います。なかなか仕事をしながらだと仕事仲間との付き合いで疲れてしまったり、業務が毎日ハードだったりすることでストレスを感じてしまうこともあると思います。仕事はやりがいを感じたり出来ますがいつも順調かどうかは分かりません。時には失敗をしてしまうこともあり、それが想像以上に落ち込む原因になったりすることもあると思います。

原因③妊活や不妊治療によるストレス

やはり妊活を始めてもなかなか授からない場合や長く続く不妊治療に先が見えない分、参ってしまうこともありますよね。赤ちゃんは授かりものだからこそ、いつ妊娠出来るかも分からないし・・・このまま妊娠出来ないんじゃないかと不安になったりもします。このようなストレスは妊活や不妊治療をしている女性はみんな感じたことのあるストレスだと思います。

それではここからは妊活中のストレスを解消するための方法を紹介していきます。

ストレス解消方法5選

解消方法①睡眠をしっかりとる

やはり睡眠時間が短いと生活リズムが崩れることで自律神経が乱れ、不安定になったり、イライラしたりしてしまいます。そうならないためにもしっかりと6~7時間の睡眠時間をとりましょう。特に22時から2時までのゴールデンタイムに睡眠をとっておくことが大切です。

解消方法②食事を楽しむ、バランスの良い食事にする

好きなものや美味しいものを食べるのは楽しみの一つですよね?食事もストレスを解消できる方法の一つです。炭水化物にはトリプトファンといわれるアミノ酸を脳まで運んでくれてビタミンB6と合成されま。それにより心が安定するセロトニンを作ってくれます。

妊娠するのに必要な栄養は食事から取り入れることが出来るのでバランスの良い食事を心がけるのは心を安定させるのにも効果があります。だからと言ってバランスの良い食事をとるのを楽しめなくなっては意味がないので外食やスイーツなど好きなものをとるなど食事を楽しめるようにするといいですよ。

解消方法③旦那さんと仲良くする

妊活をする上で旦那さんとの仲は大切です。1人では妊娠することは出来ないし、やはり妊活する上での一番の相談相手は旦那さんだそうですよ。あなたもきっとそうですよね。

旦那さんとの時間を楽しんだり会話をすることでセロトニンの分泌に繋がり心の安定になります。旦那さんと普段から仲が良いということは赤ちゃんを授かるのにもとっても重要です。やはり夫婦仲が悪いのは喧嘩やストレスの原因になりますので気をつけたいですね。

解消方法④日記を付けてみる

妊活中は嬉しいことも悲しい事もあるかもしれませんがそんな、ちょっとした毎日のことを日記に付けてみると良いかもしれません。長く書く必要はありません。毎日のちょっとしたことを日記につけると見返したら、その時どんな気持ちだったかなども分かります。

マイナスなことを書紙に書き出してみると意外にスッキリするものです。

解消方法⑤体を動かす

妊活中は運動することも大切です。お家でヨガをしたりするのもいいですがたまには旦那さんと一緒に思いっきり外で体を動かすのもストレス発散になります。

まとめ

今回は妊活中のストレスの原因やそのストレスの解消方法をご紹介しました。夫婦で一緒に楽しめることを見つければ仲も深まります。一番はストレスを溜めないことが一番ですが日常生活や仕事ではどうしてもストレスを溜めてしまいがちです。妊活がうまくいっているかどうかでもストレスになりますのでぜひ、日常で取り入れられるストレス解消方をして妊活をしていって下さいね。