自然妊娠ができるのは何歳まで?【手遅れになる前に】

自然妊娠ができるのは何歳まで?【手遅れになる前に】

女性にとって「妊娠」はとても大事なことの一つです。ただ、妊娠えおすれば、その後には出産、そして育児が待っています。そのため、どうしても妊娠をするタイミングを考えたり、結婚したいと思う相手となかなか巡り会えずに妊娠が遠退いていたりと現在は晩婚化の影響で妊娠するタイミングも少し遅めになっていると言えます。じゃあ、いつまで自然に妊娠できるか知りたいですよね?今回は自然妊娠ができるのが何歳までかをお伝えしていきます。ぜひ、妊娠したい方は参考にして手遅れにならないようにしたいですね。

自然妊娠って?

医学的な治療を受けることなく夫婦生活を営み妊娠することを言います。排卵日などを自分で調べたり、自己流でのタイミングをとる、妊娠しやすくなるサプリメントを試すなどして妊娠できるとそれは「自然妊娠」と言えます。自然妊娠であれ、不妊治療であってみどちらも妊娠であることには変わりありません。

自然妊娠が可能な年齢は?確率は?

生物学的にいえば初めての排卵が12歳くらいで起こり、その後に閉経する50歳くらいまでが理論上では可能です。ただし、一般的に見て40代になると自然妊娠ができる確率がとても低くなります。

自然妊娠ができる確率は歳をとればだんだん減っていきます。やはり、一番妊娠するのに適している時期は20代だそうです。健康なカップルが避妊せずに1年間性交渉を行った時の妊娠の確率は20代が約80%、30代前半が約60%、35歳以上が約50%、40代前半が約30%、45歳以上は5%という確率の下りかたです。どんなに健康的であっても、見た目が若々しい方でも確実に歳をとるたび妊娠の確率は減ってしまうということです。

晩婚化ゆえの高齢出産

35歳を過ぎての出産は「高齢出産」と日本産科婦人科学会が定めています。女性が社会に出て働いていることで結婚が遅れたりし妊娠も出産も遅くなっています。高齢出産には妊娠がしにくいということや染色体の異常によるダウン症の発症率のリスクが高まってしまいmす。また、妊娠中に病気になりやすいなど流産や早産、難産といった確率も増えてしまいます。高齢出産にはリスクが伴うといってきましたが、必ずしもこれに当てはまるわけではありません。どうしても高齢出産によるリスクの可能性はあるということは覚えておいてほしいと思います。

年齢が高くなることはリスクだけがあるわけではなく、20代の頃よりも経済的に余裕があり子育てができるなどメリットもあります。

自然妊娠する方法

特に健康に問題がないのであれば自己流で試してみるのもオススメです。

①タイミング法をしてみる
女性の排卵日を予測することで自然妊娠しやすい時に性交渉します。最も妊娠しやすいのは排卵日の1日前から3日前です。排卵日を予測するには基礎体温を毎日測り高温期や低温期の把握そしておくことが大事です。また排卵日を知るのに排卵検査薬を使用すると更に分かりやすくなると思います。それ以外でも夫婦生活の頻度を増やすことで自然妊娠の成功率が上がるようです。週に2〜3回は性交渉し、それを3ヶ月間続けるといいという医師もいます。結構、頻繁ではあるので無理かもしれませんが極力これに近付けるのが大切です。

②生活習慣の改善をする
生活習慣を整えることも大切です。夫婦共に出来るだけ規則正しい生活をしましょう。食生活などもこれを機会に見直すといいと思います。可能な限りバランスのとれた食事をするといいですよ!また、妊娠しやすいのと言われてい食材を食べることで妊娠率アップに繋がります。カフェインなどの含まれている飲み物は過剰に摂りすぎなようにするようにしましょう。

③夫婦でサプリメントを飲む
妊娠するのに効果的と言われているサプリメントを夫婦で摂取しましょう。女性は早めから葉酸を摂取しておくといいですよ。なかなか食事だけでは摂りきれない栄養素もサプリメントなら簡単に摂れます。特に体の酸化による老化を防ぐためにコエンザイムQ10、トマトリコピン
ビタミンC、ビタミンEを摂るといいと言われています。

高齢出産と言われる年代に入ったとしても残っている卵子のために出来ることをしなくてはいけません。卵子や卵巣の機能の低下を遅らせることなどが必要です。

④ストレスを溜めない
どれだタイミング法で頑張ったとしてもストレスがあると自然妊娠の妨げになります。ストレスによって血行不良、ホルモンバランスの乱れといった不妊になってしまうリスクがあるので気をつけたいですね。また、少しサプリメントの話と関係がありますが葉酸を摂っておくことでストレスの緩和にも効果があります。

自然妊娠出来た人の体験談

ここからは自然妊娠された方の体験談を紹介します。

痩せていて体力が無く、冷え性でストレスに弱いです(笑)
現在37歳で2人目を妊娠中。
一人目は33歳で出産しています。
若い頃から不正出血も多く不妊傾向をいわれてきた私ですが・・・
授かる努力をして次の月には授かるというびっくりな状況です。
週に一度ヨガを始めたこと。
生足やミュールが流行っていますが、極力足首を冷やさないようにしたこと。
あとは、鍼灸院に通い続けていることでしょうか・・・。
何がどう影響しているのかわかりませんが、私が体質改善の為に
努力したことです。
鍼灸院では妊娠を望んでいるので、体をいい状態に持っていきたい
といって治療してもらいました。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1127/367096.htm

体(足首)を冷やさない、普段から暖かい食べ物飲み物を口にする、軽い運動をするなどです。
何かで「赤ちゃんも冷たいベッド(子宮)より暖かいベッドの方がいい」と読んだので、仲良くした後にルイボス茶を飲んでみたら、すぐ妊娠しました。35歳でした。

私の場合は、食生活が栄養不足だと感じていたので、妊婦用のサプリを摂っていました。当方海外在住ですが、葉酸などが入っている妊婦用のサプリは妊娠前から飲んだ方がいいと薦められました。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1127/367096.htm

結婚してずーと子どもが出来ず、私たちは出来ないのだなぁー
と思っていました。
健康診断で貧血と診断されました。
最初は子宮筋腫の疑いがあり、鉄を処方されただけでした。
若い頃から痩せ型でダイエットしているわけではないでないのですが
この体には栄養が足りないようでした。
「あなたの手は冷たいね。冷やしてはいけません。」
と、女性外来の先生に女には大切にしなければいけない
体についての指導も受けました。

冷たいビールを飲むよりも、お茶!
女は冷やしてはいけない。
夏でもお茶。
その先生がすすめる漢方も飲みました。
30も半ば過ぎてちょっとふくよかになった頃
妊娠しました。

ここにはくわしく書けませんが、(悲しむ人もいると思う)
とるべき栄養をとっていないと
歯車が狂うんだと思います。
いまからでも遅くありません。
からだの改造をしましょう。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1127/367096.htm

まとめ

今回は自然妊娠ができる年齢が何歳までかをお伝えしてきました。理論上では生理があれば可能ですが実際のところは年齢が高くなれば妊娠しづらかったり、流産になりやすいといった問題もあります。あなた自身が「妊娠したい」という希望があれば出来るだけ早いうちから良いパートナーを見つけ結婚し、その後は妊娠しやすい体質になっておくといいと思います。妊娠にはタイムリミットがあり、それは年々迫ってくるということだけは頭に置いておくことが大切です。