育児に疲れた、人生にも疲れそう。ママ達の体験談と、回復方法

育児に疲れた、人生にも疲れそう。ママ達の体験談と、回復方法

どんなに可愛くて愛おしい我が子でも育児疲れが起こる日がくるかもしれません。育児で疲れてしまうことによって人生にまで疲れてしまう…なんてこともあるかもしれません。そんな育児疲れを経験したママ達の体験談と回復方法をお伝えしたいと思います。最近なんだかイライラするかも?というママや上手く笑えないなんてママがいたらぜひ、読んでみて下さい。あなたは1人ではありません。

「育児疲れ」のママ達の体験談

育児に疲れたというママはいないでしょうか。可愛くて愛おしい我が子であっても疲れてしまうことはあるものです。

小2、年中、2歳の子育て中です。
もういやです。
今朝は、年中のご機嫌が悪く髪を結んでも気に入らず、そこを2歳児がちょろちょろ。「早くして!」と叫んでいる私に向かって、小2が「ママ、ペットボトルない?」(授業に使うらしい)
夫は会議といって、7時半に家を出ました。
動き回る2歳児を抱え、小2を送り出し、幼稚園バスにのせたら、自宅は悲惨。テーブルには食器、食べ残し、おもちゃ散乱。
もういやだ。
今だけなのかもしれないけど、いやだ。
何かが壊れそう。
ちょっとだけ、スカート履いておしゃれして、一人でフラッと買い物してお茶したい。
夫からみたら、私は女じゃなくてお母ちゃんなんだろうなあ・・・。
疲れた。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0626/601773.htm

現在、4歳2ヶ月の長男、1歳8ヶ月の長女がいます。
旦那は、仕事の時間が不規則で休みもバラバラです。1週間に1回休みがあるかないかです。
育児にも非協力的で、
当たり前のように私がお風呂、食事、掃除など育児家事をしています。旦那が休みで家にいてもたまの休みだし…と気を使い、何もしてもらってません。
私が全てするのが当たり前だし、やらなきゃ誰がするて感じで一生懸命頑張ってきました。

たまには、1人で出かけたり、友達とご飯いったり、ゆっくりしたいと思っても、旦那に預けられないし、実家の親も父がリウマチで近頃体調が悪かったり、母もパートにでたりでなかなか預けられません。預けても私がいないと泣いてしまうので、両親も泣かれると面倒みるの嫌がります。

夜なら寝かせてから出てみようと、親にお願いし、友達と会いました。出産し、初めて夜出てすごく気持ちが楽になり、ストレスが一瞬にしてなくなり、楽しかったのに、1時間くらいで泣いてしまい手がつけられないから今すぐ帰ってきてと連絡があり。一瞬で楽しい時間が終わり、子供が憎く思えてしまいました。

それ以来夜も昼も少しも預けることはできなくなりました。
1度預けられ子供も不安を感じたのか、ママどこもいかない?ママずっとここにいる?と四六時中聞かれ家にいてもちょっとトイレいったり、洗濯物取り入れに行っただけですぐ2人がついてきてママ、ママとつきまとってきます。
24時間常に一緒。
夜8時すぎに寝かせて、やっと1人の時間…ゆっくりテレビみたり、おやつたべたりするのが唯一の時間だったのに、夜泣きまでされます。すごくイライラします。
旦那に言っても、みんな同じやろ、仕方ない。とか言って流されたり、
両親に言っても、自分が作った子供やろ、そんなこというなら子供なんて作るな、と言われたり。

このままだと、自分がおかしくなりそうです。イライラして子供に暴言吐いたり、時に衝動的に手をあげてしまったり。あとで、悪いことしてしまったなと反省してたのに、最近はスッキリしてる自分がいたり。自分でも怖いです。辛いです。

子育てだけじゃなく、旦那も夜中2時に出勤する日が続き、起こさず出勤してくれたらいいのに、起こされるので、夜中におにぎり作ったりコーヒー入れたりし、見送ってます。睡眠が固めてとれてなかったり、正直しんどいです。

1人でどこかに消えてしまいたい。
今までためてたのが溢れでてまとまりない文章ですが、読んで下さった方いればうれしいです。

引用:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7551276.html?from=recommend

私自身も1歳7ヶ月の息子と生後4ヶ月の娘を育てています。産後すぐは特に大変でした。そして下の娘が4ヶ月になった最近でも非常に辛い時がありました。夫の勤務時間は繁忙期のため12時間で昼間の勤務でも夜勤でもとにかく家にいる時間が少ないです。帰ってきたら、ご飯を食べて寝るというのが夫の毎日です。そんなこともあり、なかなか頼れません。実家の母は気にしてよく来てくれますがそれでもどうしても精神的に辛い時や体調がどうにもならない時もあります。実家の母が来ている間は意外にどうにでもなっても残りの夫が帰宅するまでの3時間が大変なんです。育児に疲れた私は突然どうにもならない気持ちになり大泣きしていることもありました。追い詰められたような気分でたまらなく孤独な気分でした。息子のことも娘のこともとっても可愛くて愛おしい存在ですがなんとも言えない疲れが出てしまうことがあるのも事実なんです。それを夫が理解してくれないとなると余計に辛いこともありました。

育児疲れのママが回復する方法

今まさに育児疲れに悩んでいるママに少しでも回復できる方法を紹介したいとおもいます。

①スイーツでひと休み

育児疲れもあるし、なかなか自分の時間をとることは難しいかもしれませんがスイーツを食べてホッとする時間をとってほしいと思います。毎日24時間365日、育児にはお休みなんてないんです。だからこそ、少しの時間でもスイーツを食べてひと休みして下さい。母乳育児中は甘いものを食べ過ぎると母乳の質が下がったり乳腺炎になってしまうこともありますので可能であれば和菓子の方がオススメです。ケーキも食べすぎに気をつければ大丈夫です。

②誰かと話すようにする

ママ友よりも元々仲のいい気心がしれた友達に話すほうがいいかもしれません。あなたのことを理解してくれる方に話すことで何を話そうか?と余計な気をつかわずに話せるはずです。ママ友だと素直に話せないこともあるかもしれません。人に話すことで溜まっていたストレスが意外に軽くなるものです。ママの笑顔のためにも誰かに話しましょう。

③完璧にこなすことをやめてみる

ママが何でも出来てしまうのは本当に素晴らしいことですが実はその完璧にこなしていること自体がストレスだったりします。毎日、完璧である必要はないんです。掃除も手抜きでいいんです。ご飯だって出前や可能なら外食をするとかできるだけママがラクだと思えることをしてください。「それがサボりだ」という旦那さんがいるとしたら許せません。旦那さんが休みの日もいっときも休まずに仕事しているっていうなら話は別かもしれませんがほぼありえないはずです。だから、疲れたら子どもと昼寝することも大事です。全てはママが笑顔でいるためです。

④子育てマンガを読んでみる

子育てマンガは爆笑できるエピソードから泣けてしまうエピソードまで幅広く、子育て中のママであれば共感できることも多いと思います。感情が伴っている涙を流すことはストレスを減らせたり、リラックスも出来ます。笑うことも血行促進に効果があり、自律神経も整えてくれます。

まとめ

今回は育児疲れのママの体験談と回復方法についてお伝えしてきました。ちなみに私の回復方法は気の知れた友人でありママ友でもある方に話を聞いてもらったりしています。本当に辛くて仕方ない時は涙を流すことも本当にスッキリする方法です。なかなか感情を表に出すのが難しい場合はノートにその辛い気持ちを書き出すこともオススメです。ママが笑顔でいてくれることは家族にとって子どもたちにとって本当に大切なことです。