乳頭マッサージを極めて、乳頭の固さを取ろう!

乳頭マッサージを極めて、乳頭の硬さを取ろう!

母乳育児で大切なことの一つが母乳を飲ませる前に行う乳頭マッサージ(おっぱいマッサージ)です。この乳頭マッサージは母乳の分泌をよくすることや乳頭の硬さをとるのにも効果的と言えます。今回は乳頭マッサージの仕方などを中心にご紹介しますのでぜひ、参考にしてくださいね。

乳頭マッサージって?

乳頭が硬いままだと赤ちゃんがうまく吸いにくいので母乳の分泌にも影響してきます。乳頭と乳輪をマッサージすることで乳頭の伸びが良くなって授乳の際の摩擦にも強い乳頭になるので、乳頭マッサージを行っておくことでおっぱいトラブルの予防にもなります。

乳頭マッサージはいつから出来る?

乳頭マッサージはできれば妊娠中から行っておくといいですよ。早くても妊娠28週目くらいからにしましょう。妊娠初期に行うのはいけません。切迫早産の方は臨月に入ってからするようにして下さい。出来れば乳頭マッサージを行っていいかを助産師さんや医師に相談して下さいね。

安定期でもお腹の張りを感じたら中止して安静にして下さい。おっぱいが刺激されると子宮が収縮するためです。妊娠中にマッサージを行うと分泌物がでることもあります。その場合は優しく傷付けないように拭き取りましょう。また、産後には授乳前やそれ以外の時も行いましょう。おっぱいの張りがある時にも行うといいそうです。

乳頭マッサージ(おっぱいマッサージ)のやり方

おっぱいマッサージのやり方を紹介しています。下記の画像などを参考にぜひ、やってみて下さい。

image
出典:http://www.amoma.jp/

1.構え
片方の手でおっぱいを保護、マッサージする手の親指・人指し指・中指で乳首をつまみます。

2.圧迫する
普通で3秒、乳首が硬ければ5〜10秒かけて少しづつ圧を加えながら圧迫します。
*圧迫する指が白くなるくらいまで充分圧迫します。痛みを覚える程に無理矢理してはいけません。

最初はゆっくり、乳頭・乳輪部を、位置、方向を変えながら1分くらい圧迫します。
乳首の硬い人、過敏な人は2、3分かけて十分行って下さい。

3.横方向に伸ばす
横方向、縦方向にこよりを作るような感じでもみずらします。最初はゆっくり痛くない程度に、ある程度したら十分もみます。
乳首が敏感で、圧迫刺激だけでも痛い人は、まず圧迫刺激になれるようにします。

4.縦方向に伸ばす
縦方向にも、もみずらします。

引用:http://www.amoma.jp/column/maternity/birth-support/10214.html

母乳マッサージの動画です。詳しい乳頭や乳輪のマッサージについても取り上げてますので画像と説明文では分かりにくかった方も参考にして下さい。

◯母乳マッサージ

最強母乳外来のSOLANINさんも乳頭・乳輪ケアをするよう明言している

あなたの乳輪硬くないですか?

SOLANINは、業務上、一人一人の妊婦さんのおっぱいチェックをすることはありません。
直接授乳が困難と予想される妊婦さんは、外来の看護師さんか助産師(現在は外来から要請があった日のみ応援で勤務している)がピックアップして妊娠中のケアの個別指導をしておりますが。
陥没乳頭や扁平乳頭の妊婦さんは、妊娠中に「真剣」に乳頭・乳輪ケアしてもらえれば、余程赤ちゃんが下手っぴちゃんでもない限り、どうにかこうにか直母が出来るようになられます。
でも、イマイチ「意欲に欠ける」乳頭・乳輪ケアしかしておられないと、産後の授乳が悲惨です。
特に乳輪の奥が硬く(=鼻の硬さ)てほぐれにくいと、いつまで経っても赤ちゃんのラッチオンすらまともに出来ません。
これは体験的な話として聞いていただきたいのですが、乳輪の奥が硬い方で冷え症ではない方を探すのが難しいです。
そして、乳輪の奥が硬くてどうにもならない方ほど、どういうわけか、おっぱいのことを安易に考える傾向が強いです。
何の根拠もなく「何とかなるやろ。」と。
そのくせ人一倍完母志向が強い。
結果、ちっとも何とかならなくて泣く羽目になるのですが。

露出の少ない冷えない服装や、下腹部を温罨法をしたり、温かくするお食事を妊娠中から実践されることをお勧めします。
少しでも柔らかく(=最終的には耳朶くらいの柔らかさ)なるように、オイル(バーユとかホホバとか)を塗布してラップパックすることも良いと思います。
妊娠中の乳頭・乳輪ケア不要論者の方たちは、ラッチオンが出来ないから硬いままなのだという説を提示されるのでしょうが、やはり新生児の吸啜力や哺乳技術に対し、過剰な期待は禁物ではないかと思います。
ですので、赤ちゃんにおっぱいを飲ませてあげる予定のあるお母さんは、「真剣」に乳頭・乳輪ケアをして、硬さを除去してください。

 

引用:http://bonyuugairaitosyokan.cocolog-nifty.com

最強母乳外来のSOLANINさんもこのように明言されています。母乳育児中のママにとってSOLANINさんの記事は非常に役立つことばかりだと思います。興味がある方はぜひ、読んでみて下さい!

乳頭・乳輪マッサージをする際の注意点

妊娠経過に特に問題がない場合は乳頭マッサージをしておくことで産後もスムーズに授乳をすることが可能です。切迫早産などの場合は無理して行う必要はありません。産後に行っても効果はありますので心配はいりません。

乳頭マッサージを行う時は馬油などをつけることで摩擦による刺激を和らげることができます。

今回紹介した乳頭マッサージもいいですが産婦人科で指導されたものがあればそちらを行ってもいいと思います。

乳頭マッサージを行っている最中にお腹の張りを感じたら、やめるようにしましょう。乳頭マッサージの刺激は子宮の収縮を促すので、やり過ぎないようにしましょう。

乳頭マッサージの効果を出すためにも乳腺の発達のためにおっぱいが締め付けられるような下着は避けてください。外出時はワイヤー入りでない大きめのブラジャーをつけたり、家の中では可能であればノーブラで過ごすとおっぱいが揺れることで血行も良くなるそうです。また乳首が衣類の摩擦でも丈夫になるそうです。肩こりの方は肩を回すようにして血液の循環をよくするようにしましょう。

乳頭マッサージを行うのも大切ですが赤ちゃんが美味しいと思える母乳を作るには食生活にも気をつけて下さいね。特別に何かを食べなくてはいけないというわけではなくカロリーの高いものや甘いものは控えておくと安心です。日常生活では体を軽く動かすことで血行も良くなります。母乳の元は血液ですので体を冷やさないようにしたり、血行が良くなるようにしておきましょう。

まとめ

今回は乳頭マッサージについてお伝えしてきました。乳頭マッサージを行うことで硬い乳頭を柔らかくし赤ちゃんが吸いやすいおっぱいにすることが出来ます。妊娠中の方は特に妊娠経過に問題がなければ医師などに相談の上、妊娠28週目頃から乳頭マッサージを行っておくことで産後の授乳がしやすくなりかもしれませんね。お腹が張る場合は中止して下さいね。無理なくマッサージを続けて赤ちゃんの飲みやすいおっぱいにしてあげてくださいね!