臨月の外出で気をつけたい3つのこと【外出中に破水してしまったら】

臨月のお出かけって大丈夫?

9ef286d01931ca36c58b84376b2bca48_s

臨月に入ると、もうすぐ赤ちゃんも生まれるし今のうちにお買い物とかもすませておかなくちゃ!という気持ちにもなりますよね。確かに赤ちゃんが生まれると約1か月は外出ができなくなりますし、お出掛けの範囲もせまくなってしまいがち。

まだ身軽なこの時期に旦那さんとの二人きりのデートの楽しんだり、買い物にいきたい!けど、臨月の外出って何があるかわからなくて少し不安かも…なんて思いませんか?

今回はそんな心配ごとがたくさん!?な臨月の外出について解説。気になる破水のことや持っておきたい持ち物まで詳しくご紹介します。

いつまで?どこまで?臨月の外出

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

36週から妊娠10か月(臨月)となりますよね。さらに妊娠37週からは正産期と呼ばれ、赤ちゃんの身体も完成に近づき、いつ産まれても大丈夫な期間に入ります。ということは、臨月ママさんは外出先でも破水や陣痛が始まる可能性が高いということなんです。それらを踏まえて臨月の外出で気を付けたいことを3つ見ていきましょう!

その1 30分ほどで病院へ行ける距離まで

e4241883ddc82f11bf6ebfb18495fbe0_s

遠出はやっぱり避けるようにしておきます。基本的にはかかりつけの産院へ30分から1時間以内に行ける距離までと覚えておいてください。

初産の場合はお産に時間がかかるともいわれますが、人によっては陣痛開始から1時間で産まれたなんて超安産のひとも。個人差も大きいのでなるべくなら近くにいるようにします。経産婦さんの場合はもっと要注意。1人目とはくらべものにならないくらい、あっという間にお産が進むことがありますので、いろいろなことを想定しておくのが大切です。

その2 ひとりでの移動は避ける

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

どうしても必要な場合を除き、臨月妊婦さんのひとり歩きは避けたほうが安心でしょう。急に強い陣痛がきてしまったり、破水してしまった場合に病院への連絡が困難になってしまっては危険です。迅速に連絡がとれるようにしたり、休むところを確保したりする必要がありますので、ひとりでの外出は避けだれかと一緒に行動するようにしましょう。

その3 入院準備は万全に

他にも入院準備をしてバッグにまとめておいたりして、車での移動なら持ち歩いたりするのも良いでしょう。徒歩や電車での移動の場合は旦那さんや家族に置き場所を知らせておき、必要な時にもってきてもらえるようセッティングしておきます。

急な破水や陣痛は妊婦さんもパニックになってしまいますが、それは周りの家族も同じこと。できるだけ落ち着いて行動できるよう、打ち合わせもしっかりしておいてくださいね。

外出先で破水!こんなときどうする?

それでは実際に外出先で破水してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

お出掛け先で破水!まず何をする?

破水をしてしまったらまず病院に行くことを考えてください。破水というのは卵膜が破れ、赤ちゃんを守っている羊水が流れ出ている状況です。感染症などのリスクもありますので、シャワーやウォシュレットなどで洗うことは絶対にしないようにします。万が一してしまった場合は助産師さんや医師に伝えるようにしてください。

羊水がたくさん流れてしまっても危険なので、タオルやナプキンをあて安静にします。そうして病院へ連絡し破水したこと、どれくらいで病院へ行けるか?などを伝え向かうようにしましょう。

このとき電車は絶対に使いません。万が一事故などで閉じ込められてしまった場合大変ですので、車がない場合はタクシーを利用します。陣痛タクシーでしたら破水してしまっても乗せてくれますので事前に調べたり登録しておくことをおすすめします。

破水したときに備えて持っておきたいもの

193608

【夜用ナプキン、替えの下着、大きめのタオル、母子手帳、健康保険証】

この5つは持っておいたほうが安心のアイテムです。まず、破水してしまったら下着や服はびしょ濡れになってしまいます。そこで替えの下着に夜用の大きめナプキンを付け、履いておきます。

しかしこれも一時しのぎにしかならず、破水してダラダラと続けて出てしまい夜用ナプキンでも追いつかない場合も。そこで股にあてておく用の大きめのタオルを用意しておきます。そしてタクシーや迎えなどが来るまでは安静にしておきましょう。動きすぎてしまい、羊水が出て行ってしまうと赤ちゃんを守るものがなくなってしまうので危険な状態になりやすくなってしまいます。

病院へついたら母子手帳や健康保険証が必要になりますので、外出する妊婦さんは必ず持ち歩くようにしておいてくださいね。そこに緊急の連絡先などをまとめたメモなども一緒にもっておくと、何かあった時でも安心です。

お出かけも楽しみつつ…

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s

出産が近づくとドキドキそわそわ…。いつ始まるのかな?いつ会えるのかな?と落ち着かない気持ちにもなってしまいますよね。そういう時にはお出かけして気分転換するのも大切です。

不安だからお家にこもりきり…ではなく、お出かけも楽しみつつ、来るその時に向けて準備を万全にして、いつ陣痛がきてもいつ破水しても大丈夫!という風に備えておいて下さいね。