臨月でお腹が下がるのはなんで?原因とお腹の状態解説。

臨月にはお腹が下がる?

「臨月になるとお腹が下がってくるよ」と聞いたことがありませんか?周りの先輩ママなどからお腹を見て「ちょっと下がってきたんじゃない?」なんて言われたこともあるかもしれませんね。

でも初めての出産を迎えるママにとっては、下がるって何が?それってどんな状態?とわからないことも多いと思います。ここでは臨月の赤ちゃんやお腹の状態はどうなってるの?と不安に思うことをまとめて解消します!

どうしてお腹が下がるの?赤ちゃんは?

e66ab857d65d17fc6bd2fcc44dc62bc2_s

まず、どうして臨月にはお腹が下がってくるといわれているのでしょう?それは赤ちゃんが生まれてくる準備として下へと下がってくるからだと言われています。

ママの骨盤も出産準備のため開いていき、その中に頭を入れ込む形でぐいぐいと下がっていきます。そうしてそのまま産まれるときを待ちます。そのため外から見たお腹も下へと下がったように見えるということなんですね。

お腹がどのくらい下がるのかは個人差もありますが、今までまん丸だったお腹が洋ナシのような形になったり、胸とお腹の間にスキマがあいたという変化を感じるようになるかもしれません。

お腹が下がってどのくらいで陣痛が来る?

73d84e0b5c7f1eaafb9acc0650ec5ff4_s

やっぱり気になるのは「臨月にお腹が下がりだしてどのくらいで陣痛がくるのか?」ですよね。一般的にお腹が下がるのは出産が近いからだと言われていますし、気になる方も多いと思います。

個人差もありますが、初産の場合は出産の約2~3週間ほど前から下がってくる傾向があります。つまり、お腹が下がりだして2週間から3週間ごにお産がはじまる可能性があるということですね。しかし経産婦さんの場合は本当に出産のぎりぎりまで下がってこないことも。

またお腹が急激に下がったからといってそれがすぐに出産や陣痛へ繋がるか?といわれると予知などは難しいようです。ですから「お腹が下がってきたのにまだなの?」「もしかして陣痛が今日くる?」なんて深く考えたり、悩んだりするのはやめておいてくださいね。ただ、確実に赤ちゃんに会えるときが近づいてきているので安心してください。

下がってない?なんて不安にならないで

先ほどもありましたが、どのくらい下がるのか?などはママや赤ちゃんの体格によっても個人差があり、まちまちです。全然下がってないから予定日を超過してしまうということもなく、かといって早くに下がったから早産になるということでもないのです。

さらに自分ではわかりづらい…なんてことも考えられます。それもそのはずで、臨月ともなると自分の足元を見るのも一苦労!お腹の形なんてなおさらわかりづらいものですよね。

どうしても自分で下がってきたかチェックしたい場合は鏡を使ってお腹を撮影しておくのも手。1週間ほど毎日スマートフォンなどで撮ることを続けてみて、後で見返すと下がってきたのがわかりやすいかもしれません。ぜひ挑戦してみてください。

お腹が下がって要注意!?

臨月にお腹が下がることで何か注意しなければならないことがあるのでしょうか?ここでは気を付けておきたいポイントをまとめてみました。ぜひ参考にされてくださいね。

・さらにトイレが近くなる

お腹が下がるということは赤ちゃんの位置が変わるということでしたね。下がった赤ちゃんは今まで以上に膀胱を圧迫してしまうことがあります。そうして、すでにトイレの回数は増えているのにさらにトイレが近くなる…という現象が起こりやすくなってしまいます。

すごく尿意を感じるのにトイレに行くとあまり出ない…なんてことや、30分に1回はトイレに駆け込む!なんてことも。外出先ではまずトイレの位置を確認しておいたりと、今まで以上にトイレが近くなるので気を使っておきましょう。

しかしトイレが近くなるからといって水分を摂らないようにするのはNG。あまりのトイレの回数にうんざりしてしまうこともあると思いますが、あともう少しの辛抱です。赤ちゃんのためにもしっかり水分は補給しておくようにしてくださいね。

・食欲が増す

886026f75e5211606161f979d99f854d_s

赤ちゃんが下がってくると大きくなった子宮の圧迫から解放されるのが、胃。今までは大きくなった子宮や赤ちゃんからの圧迫ですぐにお腹いっぱいになってしまい、食べられなかったという人も食べられるようになるかもしれません。

ですが臨月の食欲は要注意ポイントのひとつ。たしかに今まで食べられなかった分食べたい!という気持ちや、気持ち悪くならずにおいしく食べられるようになることはうれしいのですが、臨月はただでさえ体重の増えやすい期間です。

あまり体重が増えすぎないよう、しっかり管理しつつ楽しんで食べるようにしましょう!

・バランスが変わってしまう

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s

臨月は限界までお腹が大きくなりますよね。今までもバランスを崩してよろけてしまったこともあるかもしれません。赤ちゃんが下がることでさらに重心が下がり、今までとはまた違うバランスになってしまうことで慣れずに転倒してしまう危険も。

靴は歩きやすいものを選ぶようにして、足元の見えにくい階段などは手すりを使うようにするなどの工夫も必要になってきます。

・妊娠線のできやすい時期

51e97c913c164762641629fe3bbbb07a_s

「妊娠線できないな~!」なんて思っていませんか…?実は妊娠線が一番できやすいのは臨月なんです。筆者も第一子妊娠時にできた妊娠線はすべて臨月にできたものでした。

ただ妊娠線はできるタイプの人はどう対策してもできてしまうもの。赤ちゃんが下がり、お腹の下のほうの皮膚が引っ張られてしまい乾燥して痒みを感じることもあるので、妊娠線対策のついでにしっかり保湿をしておくと安心なのでおすすめです。

いよいよもうすぐ!

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_s

お腹が下がるのは赤ちゃんとママの出産準備であることがわかりました。臨月にはいり、お腹が下がってきたならいよいよ赤ちゃんに会える日が近づいてきます。

もうすぐだよ!との赤ちゃんのサインにこたえ、しっかり準備して出産を迎えてくださいね!