臨月の体重増加は当たり前?目安を知って管理してみよう

臨月で体重が増えすぎた!

fe42d4a9706b3a5e68b3e88eb8a30c5d_s

妊娠初期、中期と順調な体重の増加を迎えていたのに…臨月でいきなり体重増えすぎて注意されちゃった!なんてことも多いこの時期。臨月の体重コントロールはなかなかうまくいかないもの。

そんな臨月の体重増加について、管理のコツや目安、体重が増えちゃうとどうなるの?という疑問の解決まで徹底的に紹介いたします!

体重が増えすぎるとどうなるの?

まずは体重が増えすぎてしまうとどうなるのか?というところから。どうして医師や助産師さんが体重増加を厳しく注意するのでしょうか。

・病気になりやすくなってしまう

妊娠糖尿病妊娠高血圧妊娠中毒症など、体重の極端な増加はさまざまな病気を引き起こすと言われています。これはママの身体だけでなく、赤ちゃんにも影響する問題になってきますので注意が必要です。

・難産になる可能性が上がる

赤ちゃんが産まれてくるときに通る産道にも脂肪はつきます。そのため、体重が増えすぎてしまうと赤ちゃんが上手に通れなくなってしまうことも。微弱陣痛が続いたり、難産になってしまうと赤ちゃんにもママにも負担になってしまいます。体力にも限界がありますし産後のダメージをできるだけ少なくするという意味でも、できれば避けたいものですよね。

このほかにも、産後に体型が戻らなくなってしまって産後ダイエットがうまくいかなかったり、体重が増えすぎて血液などの流れも悪くなると、赤ちゃんへスムーズに栄養や酸素をあげられなくなったりしてしまうことも。こういったことから最近では体重増加を厳しく言われるような流れになりました。

赤ちゃんとママを守るためにも体重のコントロールは必要なのですね。

どのくらいが体重増加の目安になる?

とは言っても妊娠期間は赤ちゃんや子宮や胎盤などで体重は増えるものです。ではどのくらいの体重増加であれば良いのでしょうか?

基本的には1週間に500グラム以上は増加しないよう心掛け、ママのもともとの体格にもよりますが妊娠期間トータルでは元の体重にプラス7~8キログラムにとどめておくようにします。(詳しく知りたい場合はかかりつけの産院で聞かれてくださいね。)

妊娠中のダイエットはNG!

6115860add6bd226ee2aa15d3d4da9b8_s

妊娠すると赤ちゃんを守るクッションの役割をするため、腰回りなどに皮下脂肪がついてきます。妊娠前には体型を気にしてダイエットをしていたという人も多いとは思いますが、妊娠中のダイエットはNGとなります。

お腹に赤ちゃんがいるのに食事制限をしてしまったりすると、栄養が足りずに貧血を起こしてしまったりカルシウムを赤ちゃんにあげてしまうため不足して骨粗しょう症になってしまったり…と、ママの身体には大きな負担も。

さらに赤ちゃんの発育も悪くなってしまい、小さく産まれてしまう可能性も出てきます。小さく産まれた赤ちゃんは生活習慣病の発症のリスクが高いと言われていて、大人になってからの健康状態にも関わってくる大切なことなんです。

どう管理する?臨月の体重管理のコツ

体重の増えすぎはいけない…でもダイエットもだめ…じゃあどうすればいいの!?という気持ちにもなりますよね。そこでここでは体重管理のコツをご紹介します。無理しない程度に試して自分にあった方法を見つけてくださいね。

・むくみを解消させる

 

374612152a7619aad85737e962701f86_s

妊娠期間はとてもむくみやすいものです。臨月にはそのむくみももっとひどくなる方も多いですよね。

むくんでいることで身体の水分量が増える→体重増加ということも考えられます。といっても大きいお腹を抱えてむくみ解消のマッサージをするのも大変ですよね。ストレッチをして血行をよくしたあと、着圧ソックスをはいたり、旦那さんにマッサージをしてもらったりするのも良いかもしれません。

毎日とる食事でも塩分を控えたり、排出を促してくれるカリウムの入っている食材(トマトなど)を摂るようにするのも効果的です。

・腹八分目。食べすぎを避ける

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

臨月になると赤ちゃんも下がってきて今まで圧迫されていた胃の部分が解放され、むかむかもスッキリ…。里帰り中で実家のご飯がおいしくてついつい食べすぎちゃう…。なんてこともあるかもしれませんが、やっぱりここは我慢!腹八分目を心掛けて、食べすぎは避けるようにしましょう。

どうしても口さみしかったり、口の中が不快でつい食べてしまうときには、飴やガム、ミントタブレットなどを口に入れておくだけでも違ったりします。ぜひ試してみてくださいね。

・ウォーキングをしてみる

 

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

激しい運動はいけませんが、散歩がてらウォーキングをしてみるのはいかがでしょうか?臨月であればもう出産も間近。ウォーキングすることで気分転換もできますし、体力もつけられて一石二鳥です。産まれた赤ちゃんと散歩したいコースを考えながら歩くのも楽しいかもしれません。

あまり考えすぎず…

しっかり体重管理する!と言ってもやっぱり妊娠中の体重コントロールは難しいもの。ママの体質や体格も関係する個人差の大きいことでもあります。体重が増えすぎてしまったからと言って気にしてストレスを抱えるのも良くありません。どうしても気になってしまう場合は栄養指導などを受けられる場合もあるので、かかりつけの産院へ相談してみてくださいね。