臨月で気持ち悪すぎる!原因と対処法3選!

臨月でまた吐き気?

cffb557482836b5c2727aff439276846_s

お腹ももう最大に大きくなった臨月。働いていたママも産休に入り、出産までもうすぐだしあとはリラックスして過ごすぞ~!と思っていたら…「あれなんだか気持ち悪いかも?」なんてママさんも実は多いんですよね。つわりは終わったはずなのにどうして??なんて疑問もあるかもしれません。

今回はそんな臨月の吐き気の原因と対処方法をご紹介します。

臨月で吐き気が出てくるのはどうして?

臨月の吐き気は「後期つわり」とも呼ばれ、全体の約半分のママさんたちが経験するもの。初期にあったつわりと比べると楽な場合も多く、吐かないけど気持ち悪い…ご飯がたくさん食べられなくなった…などの症状があります。

ここではそんな吐き気の理由をパターンごとに対策と一緒に紹介しています。ぜひ自分がどのタイプなのか考えてみてくださいね。

パターンその1 ホルモンバランスの変化

MJO5HX4V34

まず、臨月に大きく変化するものといえばホルモンバランス。これは出産が近づいたため、今まで必要だったホルモンがいらなくなったり逆に必要な別のものが出始めたり…と臨月はホルモンバランスの変化する時なんです。

そんなホルモンバランスの変化で胃の消化機能が低下することがあり、これによりいつもよりも消化に時間がかかってしまい吐き気として出てきてしまうことも。

・対策 <消化に良いものを食べるようにする>

対策としては、脂っこいものなど消化に悪いものは避けて食べるようにしたり、消化に良いものを選んで食べることが重要です。胃の負担を少しでも軽くしてあげることで、不快感がなくなる場合もあります。

または妊娠初期に口にしてスッキリしていたものなど(ミントガムや梅干しなど)をもう一度口にしてみるのも、良い対処法が見つかるかもしれないのでぜひ試してみてください。

パターンその2 大きくなった赤ちゃんが圧迫する

5Z8QJ8SIHD

これも仕方のないことなのですが、臨月ともなると子宮も赤ちゃんも最大の大きさになっていますよね。まだまだ大きくなることだってあります。そんな大きくなった子宮や赤ちゃんに胃が押し上げられ、不快感を感じる場合があります。

・対策 <食べ方を変えて食べ過ぎをふせぐ>

この場合、胃にたくさん食べ物を入れないことも大切です。食べ過ぎを防ぐため、少しずつ時間をわけるように細切れに食べるようにするのもおすすめ。こうすることで、ご飯の回数が増えお腹がすいたのに食べられない!という状況にならなくてすみますし、栄養もとれて満足感もあります。

しかし同時に臨月は体重の増えやすい時期でもありますので要注意。カロリーもざっくりで良いので計算しながら食べるようにしてくださいね。

パターンその3 逆流性食道炎

5ece62856810d853ce8e0498e396f28d_s

吐き気のほかに胸やけがしたり、げっぷが出たり、食べ物が飲み込みづらいなどの症状はありませんか?もしある場合はもしかしたら逆流性食道炎の可能性も。妊娠後期は胃酸も増えるので、胃から少し出た胃酸が食道を傷つけてしまっているのかもしれません。

・対策 <食べた後すぐに横にならない>

臨月ともなると大きいお腹で身体もしんどいですよね。ごろんと横になって休みたくなる気持ちもよくわかりますが、食後すぐに横になってしまうことが、逆流性食道炎の原因になっているかもしれません。食べ物が胃に入っている状態で横になってしまうと、胃から胃酸が漏れ出てきてしまい食道のほうへ逆流してしまうのです。逆流した胃酸は食道を傷つけ炎症を起こしてしまいます。

さらに食べ過ぎないことや消化に良いものを選んで食べるようにしたりといったことも効果的。実は後期妊婦さんに多い逆流性食道炎。もしも気になる場合はお薬を出してくれる場合もあるので、産科の医師に相談してみてくださいね。

どのくらいで病院へいけばいい?

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

妊娠中でいつもの状態と違う上にさらに体調が悪いとなると、病院へいく基準もあいまいになってしまいがち。しかし、不安であれば電話でもいいので相談してみるのも良いでしょう。

どうしても食べられず、栄養が摂れないとき

赤ちゃんをお腹で育てている妊婦さんですから、栄養が摂れないほどの吐き気の場合は必ず病院へ相談するようにしてください。また、水分も受け付けなくなってしまい、摂取することができなくなった場合は早めに病院へ行き点滴をしてもらうなどの対処が必要となります。赤ちゃんのためにも無理や我慢は禁物です。

下痢を伴っているとき

吐き気もあってお腹も下している…なんてときはほかの病気の可能性がありますので、即座に医師へ相談し受診するようにしてください。妊婦さんでも飲める薬を出してくれたり、点滴で栄養補給をしてくれたりとさまざまな対処方法があります。何よりもこの場合、不安だと思います。決して自分で判断せず、医師へ相談してくださいね。

また食あたりの時なども同様です。胃薬や整腸剤を出してもらったり、水分や栄養は足りているか?赤ちゃんは元気なのか?などの確認もできるので、できるだけ医師に診てもらうようにしましょう。

吐き気の赤ちゃんへの影響

やはりママが気になるのは赤ちゃんへの影響。後期つわりはしっかり食べられる状態であれば赤ちゃんへの影響はありません。

吐いたりすることでお腹が張るなどの現象もあるかもしれませんが、臨月にお腹が張るのはふつうなことでもあります。ですから大量の出血がある…などのあきらかな異常がなければ赤ちゃんへの影響はないと考えて大丈夫です。安心してくださいね。

少しずつ楽になることも…まとめ。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

臨月の吐き気は後期つわりであることが分かりました。さまざまな理由があって起こるこの後期つわり、実は出産が近づくと赤ちゃんが下がってくるため楽になるともいわれています。ですから悩むのもあともう少し!もうちょっとの辛抱です。

とはいっても大きくなったお腹を抱えて吐き気と戦うのはつらいもの。ゆっくり休める時間をとって、できるだけリラックスするよう過ごしてみてくださいね。