肌質で選ぶ!20代におすすめのファンデーション10選!

なんだかファンデーションのノリが悪い・・・・。鏡を見てため息をついているあなた。ちゃんと自分の肌質に合ったファンデーションを使っていますか?どんなに評判のいいファンデーションでも、あなた自身の肌質に合っていなければ、そのよさは発揮されません。20代、肌質をキーワードに、相性のいいファンデーション選びに役立つ情報をお届けします。

あなたの「今」の肌質は?

人間は基本的に同じ構造の皮膚を持っているもの。ただし、遺伝や生活習慣などの影響により肌質は違ってきます。タバコを吸う、吸わないといった条件によっても違ってくるでしょう。それに年齢を重ねると、ホルモンバランスの変化などが影響して日々刻々と変わります。

だからこそ、「今」の肌質に目を向ける必要があるのです。

肌質のタイプは大まかに4種

肌質は、その人の肌がもつ水分と皮脂の分量を軸に4つにカテゴリー分けできます。

  • 皮脂も水分も多い状態「脂性肌」
  • 水分も皮脂も少ない状態「乾燥肌」
  • 皮脂が多く水分は少ない状態「乾燥脂性肌(混合肌)」
  • 皮脂は少なめで水分が多い状態「普通肌(ノーマル肌)」

ベストな肌質は、普通肌といえます。

ところで、肌質の見分け方は?

洗顔後、化粧水など一切つけず、素肌のままで30分ほど放置した状態の肌を判断基準とします。見極めるポイントは・・・・

「脂性肌」の特徴

  • 肌全体が光っている
  • きめが粗く、毛穴が開いている
  • ニキビができている

「乾燥肌」の特徴

  • つやがなく、カサカサ
  • 潤いがなく、肌状態が悪い
  • 小ジワが気になる

「乾燥脂性肌(混合肌)」の特徴

  • 額や鼻など部分的にテカっている
  • 頬など、部分的にカサカサしている
  • 洗顔後、部分的につっぱる

「普通肌(ノーマル肌)」の特徴

  • 肌全体が潤っている
  • Tゾーンが多少テカる
  • 頬が少しカサカサする

「外からの刺激」に対して弱い「敏感肌」

上記4種の他に、化粧品や洗顔料・紫外線といった外からの刺激に対して非常に弱い状態の肌を「敏感肌」といいます。水分・皮脂量ともに減少し、お肌のバリア機能が低下しているのです。ストレスや食生活の乱れている人や、アレルギー体質の人などに見られます。

肌質に合ったファンデーション

あなたの肌は何タイプかわかりましたか? 自分の肌を見つめ、どの肌質に当てはまるか判断したところで改めてファンデーションを選びましょう。

ファンデーションにも種類がある

<パウダーファンデーション>
パウダーを押し固めた、固形のファンデーションのことです。余分な皮脂などをパウダーが吸収してくれるので、テカリも抑えられ、油分が少ないのでよれにくいのも特徴です。また、防腐剤などが無添加なものが多く、他のタイプと比べると比較的肌に優しいのです。コンパクト式になっているものが多く、持ち運びに便利なので、年齢問わず使いやすく人気のタイプです。

<リキッドファンデーション>
液体状で、肌へ良く伸びて、フィット感もよく、カバー力があるものが多いのが特徴です。ですが、上手に塗らないと、パウダータイプと比べるとムラになったりヨレやすくなります。自分の肌に合わせて、色を混ぜて使用することも可能で便利ですが、油分が多いため、使用感がやや強く、肌への負担が多いのがこのタイプです。

<クリームファンデーション>
リキッドタイプよりも油分が多いのが特徴です。こっくりとしたテクスチャーなので、塗りやすいというのも、メリットのひとつです。カバー力はリキッドファンデーションよりも高く、肌トラブルが気になる方や乾燥肌の方に特におすすめです。

<エマルジョンファンデーション>
お肌に伸ばすと、リキッド状になり、その後に水分が蒸発してパウダーに変わって肌に密着するのが特徴です。クリームタイプの塗りやすさやカバー力、パウダータイプの油分を調節してくれる特徴など、両方を兼ね備えた、いいとこどりのタイプです。

<ルースファンデーション>
パウダーを固めず、そのまま容器に入っているタイプです。付け心地がとても軽くて肌への負担も少ないですが、カバー力とキープ力が少ないというのがデメリットです。ですが、オフする際もするっと落としやすいので、クレンジングによるお肌への負担を軽減することもできます。

これらが、一般的なファンデーションのタイプと特性です。

引用:https://welq.jp/10781

「脂性肌」に合うファンデーション3選

特性から見て、パウダーファンデーションがおすすめです。

1、ルナソル スキンモデリングパウダーファンデーション

%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

出典 : http://www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/

美容サイトや雑誌でランキングされる常連のルナソルファンデーション。人気の秘密はしっとりしたその使い心地にあります。ピタッとフィットしてパウダーにありがちな粉っぽさがなく、肌になじむと評判です。美容成分により潤いもキープでき、ツヤのある透明感のある仕上がりに。汗や皮脂にも強いです。

2、ケイト ミネラルフィルムパウダーファンデーション

%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc

出典 :nomorerules.net
軽くて薄いフィルムで包み込む、自然な仕上がりが魅力です。薄づきなのに毛穴や赤み、クマなどもしっかりカバーしてくれます。ミネラル成分配合で、肌に優しいのもポイントです。

3、コーセー エスプリーク カバーするのに素肌感持続パクトUV

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%af

出典 : esprique.com/item/foundation/
毛穴をしっかりカバーし、テカリくずれしません。カバー力が抜群な上に、ふんわりとした素肌感が長時間持続するヒミツは、新開発パウダーにあるようです。

「乾燥肌」に合うファンデーション3選

潤いをもたらし小じわをカバーしてくれる、リキッドファンデーション系がおすすめです。

1、レブロン カラーステイ メイクアップ D

%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3

出典 :revlon-japan.com
ゼニアオイエキスをはじめ、5つものうるおい成分が配合されていて、一日中しっとり潤いをキープしてくれます。まさに乾燥肌の人のためにつくられたリキッドファンデーション。伸びがよく、ムラなくフィットするので仕上がりも抜群です。

2、インテグレート ミネラルウオータリーファンデーション

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

出典 : shiseido.co.jp
忙しい20代女子の強い味方。洗顔後これ1本で化粧水、乳液、UVカット・ベースメイクとファンデーション効果が得られる優れモノ。ジェル状濃密化粧水と保湿液コートした微細ミネラル粒子のW効果で、角質層まで潤いが浸透します。

3、カネボウ コフレドール シルキィフィット パクトUV(モイストキープ)

%e3%82%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

出典 : kanebo-cosmetics.jp
シルキーフィットパウダーにより光を反射し、毛穴や小じわなどの凹凸を目立たなくしてくれます。かさつく肌にしっとり密着し、時間が経っても崩れにくく、カバー力に優れている点にも注目です。シルクのような仕上がりは、つい自分でも触れたくなりそう。

「乾燥脂性肌(混合肌)」におすすめなのは?

乾燥もテカリも気になる混合肌の人は、部分的にファンデーションを使い分けるといいでしょう。皮脂量の多いTゾーンなどにはパウダーファンデーションを、乾燥が気になる部分(目元、口もとなど)にはリキッドやクリーム、ジェルタイプのファンデーションをつけるのがおすすめです。

メイベリン ピュアミネラルBBウォーター ジェル

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%b3

出典 : cosme.net
みずみずしい肌に導いてくれるメイベリンBBクリームに続き、ジェルタイプが登場。乾燥した肌にすっきりと馴染んで、カバー力もばっちり。薄づきなので20代の若さにぴったりです。

ソフィーナ プリマヴィスタくずれにくい 化粧のり実感リキッドファンデーションUV

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%bf

出典 : i-see.in
恋に仕事に忙しい20代。睡眠不足が続くこともあるはず。そんな肌にもきれいに馴染む「なめらかフィット処方」で、毛穴やかさつきもつるんときれいにカバーしてくれます。

「普通肌(ノーマル肌)」の人はどのタイプもOK

肌状態のよい普通肌の人は、パウダーでもリキッドでも、どのタイプでもOKです。ファッションや交際費に何かとお金のかかる20代。選びたい放題のノーマル肌女子には、コスパファンデーションがいいのでは?

「敏感肌」の人におすすめのファンデーションは?

敏感肌の人にとって、しっかりクレンジングをしなければならないファンデーションは肌に負担がかかってしまうのでNG。油分の少ないタイプのファンデーションをチョイスするのがポイントです。油分が少ない「ルースパウダーファンデーション」なら、洗顔のみで落とすことができ、肌への負担を軽減することができます。

また、天然のものだけでつくられた「ミネラルファンデーション」も、界面活性剤・シリコン・油剤などの添加物がないため、肌への負担が少ないのでおすすめです。

薬用ホワイトニングファンデーション(オンリーミネラル)

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab

出典 : ya-man.com
衝撃!つけたまま眠れるといえるほど、肌への負担が少ないミネラル100%ファンデーション。薬用美白成分配合で、メイクしながらシミやソバカスを防ぐというから驚きです。パウダーだけどクリーミーなつけ心地で、毛穴もしっかりカバーしてくれます。敏感肌女子の強い味方になりそう。

艶肌パウダーファンデーション ディアミネラルファンデーション

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

出典 : etvos.com
防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料不使用の天然ミネラル100%。美容皮膚科「麗ビューティー皮フ科クリニック」で採用されていることからも、そのクオリティは本物といえるでしょう。

エトヴォスのファンデーションは、精製度の高いマイカ (天然の鉱物)を使用しているため皮脂を含んでも変色しないそう。だからこそ、メイクしたてのようなくすみのない肌が長時間キープできるのです。

美人は自分の肌をよく知っている

いかがでしたか?自分の肌状態を無視してケースやパッケージが可愛いからとファンデーションを選んだり、憧れの芸能人がCMしているからといった安易な基準でファンデーションを選んでいては、いつまでたっても美しくはなれません。

自分の今の肌質を把握し、それに合ったファンデーションをつけることが、美人への第1歩と心得ましょう。