オススメのコンシーラー20選!シミや赤み、そばかすを綺麗に隠そう

メイクをしても、シミや赤み・そばかすが気になったりしてませんか?
そんなときに助けてくれるのが「コンシーラー」です。

コンシーラーで悩みを解決

■コンシーラーの正しい知識を知っておきましょう!

いざ「コンシーラー」を買ってみたけども、使い方がわからなかったり、色むらができてしまった経験がある方も多いと思います。

「コンシーラー」は、部分用のファンデーションです。

ファンデーションだけでは、シミや赤み・そばかす・クマなどを隠すことが難しく、1色のファンデーションでは厚塗りになってしまうので、そのようなときに「コンシーラー」を活用します。

元々は、やけどなどの傷跡を隠すために、リハビリメイク目的で考案されました。
傷跡があっても、メイクをすることで、前向きに明るく過ごして欲しいという思いから生まれたのです。

部分用ファンデーションなので、ピンポイントでカバーすることができ、厚塗りファンデーションにならないのが嬉しいですね。

・コンシーラーの種類

「コンシーラー」は、いろいろな種類があります。
カバーしたい部分や悩みなどによって、相性のよいものが変わってきます。

リキッドタイプのコンシーラー

リキッドタイプのコンシーラー

リップグロスタイプや筆ペンタイプになっているものが、リキッドタイプの「コンシーラー」の主流となっています。
広い範囲をカバーしたい場合は、リキッドタイプをオススメします。

とても軽いテクスチャーなので、扱いやすく、自然な仕上がりが特徴です。

スティックタイプのコンシーラー

スティックタイプのコンシーラー

はじめて「コンシーラー」を使うときは、スティックタイプが一番扱いやすいでしょう。

カバーしたい部分に塗って、手でなじませます。
手軽に使えるのに、カバー力が高いのが、スティックタイプの特徴です。

ペンシルタイプのコンシーラー

ペンシルタイプのコンシーラー

「コンシーラー」の中で、一番油分が少ないのが、ペンシルタイプです。

細かい部分のシミなどを隠したり、リップラインの修正に使いやすい「コンシーラー」となります。
クレヨンのように使えるので、扱いやすいのが嬉しいですね。

クリームタイプのコンシーラー

クリームタイプのコンシーラー

美容液がたくさん配合されていたり保湿効果が高いタイプと、パレットタイプにもクリームタイプのコンシーラーがあります。
クリームタイプの場合、広い範囲をカバーするときに便利です。

パレットタイプのコンシーラー

パレットタイプのコンシーラー

パレットタイプの「コンシーラー」は、何色かセットになっているため、混ぜ合わせて使うことができます。
1色ではないので、カバーしたい場所に合わせて、好きな色が作れるのが、パレットタイプの特徴です。

・コンシーラーを塗る順番は、ファンデーションの種類によって違います!

・パウダーファンデーション

パウダーファンデーションやプレストパウダーファンデーションの、どちらの場合も、コンシーラーは先に使用します。

化粧下地やコントローラーを、カバーしたい部分にコンシーラーを肌になじむように塗ります。
そのあとでパウダーファンデーションで、コンシーラーを塗った部分の境目を隠すように塗ります。

パウダーファンデーションのあとで、コンシーラーを塗ってしまうと、ムラになってしまうので、必ず先に塗りましょう。

・リキッドファンデーション

リキッドファンデーションの場合は、「ファンデーション→コンシーラー→パウダー」の順番で使用しましょう。

ただし、リキッドファンデーションの種類によっては、カバー力の高いコンシーラーを使用すると、隠す効果ではなく、浮き上がって見えてしまうため、クレヨンタイプなど、ポイントで隠せるタイプの「コンシーラー」を使うと良いでしょう。

・クリームファンデーション

クリームファンデーションの場合も、「ファンデーション→コンシーラー→パウダー」の順番で使用します。

「コンシーラー」を塗ったあとは、必ずパウダーで押さえて固定させると、よりなじみます。

・コンシーラーを塗るコツをつかもう!!

「コンシーラー」で、シミや赤み・そばかす・クマなどを隠そうとして厚塗りになったりしませんか?
厚塗りになってしまうと、余計カバーしたい部分が目立ってしまって、逆効果…なんてことにも。

厚塗りにならないように気をつけましょう。

消すのではなく、目立たなくする気持ちで塗るとうまくいきます!!

一度にたくさん塗ってしまうのではなく、ごく少量を置いてなじませていくことが、失敗しない秘訣となります。

パフなどではなく、指でなじませる!!

中指の腹を使うのが、一番肌へのなじみが良くなります。

強くこすったりするとヨレてしまうので、必ず一番チカラの入りにくい中指を使ってください。
パフなどとは違って、指だと細かく自由自在に動かすこともできます。

チカラを入れず、軽く叩くように!!

ファンデーションのように伸ばして塗るのではなく、指で軽く叩きこむようになじませていきます。
カバーしたい部分以外にまで塗ってしまうと、コンシーラーの意味が全く無くなってしまうので注意してください。

よく動くところは柔らかいものを、広いところは固いものを!!

口元や目元など、よく動くところは、柔らかいタイプの「コンシーラー」を使うと良いでしょう。

コンシーラーを使ったあとは、パウダーで固定させる!!

パウダーファンデーションでもプレストパウダーファンデーションの、どちらでもいいので、「コンシーラー」を塗ったあとは、パウダーを押さえてください。

ヨレでしまうのを防ぐために、上から真っ直ぐ押さえるのがコツとなります。

メイク

■オススメのコンシーラー20選!!

1・NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

肌にうるおいを与えながら、気になるところを、完璧にカバーするクリームタイプのコンシーラー。

出典:http://www.narscosmetics.jp/

2・ミュウ プロオンステージ ペンシルコンシーラー

ミュウ プロオンステージ ペンシルコンシーラー

93%天然由来成分でできている肌にも優しいのに、カバー力もしっかりあるコンシーラ。

出典:http://www.micwelva.com/

3・クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュs

クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュs

上質な肌色を魅せるトリートメント乳化タイプのコンシーラー。

出典:http://www.shiseido.co.jp/

4・M・A・C プロ ロングウェア コンシーラー

M・A・C プロ ロングウェア コンシーラー

高い密着感が特徴で、顔の中でも特に動きのある目周りにも難なくフィットするコンシーラー。

出典:http://www.maccosmetics.jp/

5・キスミーフェルム ハイカバーコンシーラー

キスミーフェルム ハイカバーコンシーラー

ひと塗りで気になる部分をしっかりカバーするクリームコンシーラー。
凹凸補正パウダー配合で、厚塗り感のない自然な肌に仕上がります。

出典:http://www.kissme-ferme.jp/

6・イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ

イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ

光を味方につけ、肌に透明感と立体感をもたらします。
ひと筆で顔立ちを美しく演出する筆ペンタイプのマルチスポットハイライター。

出典:http://www.yslb.jp/

7・d プログラム メディケイテッド コンシーラーベース

d プログラム メディケイテッド コンシーラーベース

ニキビや肌あれを防ぎ、化粧のり・化粧もちアップ。
さらにコンシーラー効果を併せもち、色ムラもしっかりカバー。
※医薬部外品

出典:http://www.shiseido.co.jp/

8・イプサ クリエイティブコンシーラー EX

イプサ クリエイティブコンシーラー EX

肌色に合わせて3色をブレンドできるコンシーラー。

出典:http://www.ipsa.co.jp/

9・クリニーク チャビー スティック スカルプティング ハイライト

クリニーク チャビー スティック スカルプティング ハイライト

さっとひと塗りで、立体小顔へ。高く見せたいところに。
どんなファンデーションとも相性がよく、なめらかでツヤやかに伸びます。

出典:http://www.clinique.jp/

10・ラ・プレリー SC コンシーラー・ファンデーション

ラ・プレリー SC コンシーラー・ファンデーション

「スキンキャビア」の名をもつコンシーラーとファンデーション一体型アイテム。

出典:http://www.laprairie.co.jp/

11・ナチュラグラッセ コンシーラー キャラメル

ナチュラグラッセ コンシーラー キャラメル

敏感な目もとにやさしくフィットするコンシーラー。
日本人の肌色に合う2色でシミ・そばかす・クマなどをしっかりカバー。
※石けんで落とせます。

出典:http://www.naturaglace.jp/

12・エテュセ プレミアム パーフェクトクリアコンシーラー

エテュセ プレミアム パーフェクトクリアコンシーラー

かさつかない、くずれない 美容液 in コンシーラー 【SPF25・PA+++】
どんな肌悩みも、濃淡2色でしっかりカバー。
色ムラがない大人の赤ちゃん肌をつくる。
肌にフィットしてよれないペースト状コンシーラー

出典:http://www.ettusais.co.jp/

13・24h cosme 24h スティックカバーファンデーション

24h cosme 24h スティックカバーファンデーション

天然ミネラル成分配合しており、高いカバー力と保湿効果があります。
SPF50 PA+++で紫外線防止効果も高いです。

出典:http://www.24h-cosme.jp/

14・Za(ジーエー) フィットコンシーラー

Za(ジーエー) フィットコンシーラー

肌に溶け込むようになじみ、厚塗りにならずにカバー&ライトアップする“カモフラージュ消し”コンシーラーは、ファンデーションの前後どちらにでも使えて、誰でも失敗なしです。
※目元用

出典:https://maquia.hpplus.jp/

15・ビッグカバー コンシーラーBB SPF50+ /PA+++

ビッグカバー コンシーラーBB SPF50+ /PA+++

コンシーラーとBBクリームが1つになって、高いカバー力を発揮。
1本でシミやそばかす、ニキビ跡もしっかりカバーしてくれます。

出典:https://www.etude.jp/

16・エクスボーテ インヴィジブルカバーUV

エクスボーテ インヴィジブルカバーUV

【SPF22 PA++】のUVカット機能も備えた、多機能コンシーラーです。

出典:http://madrex.com/

17・ナビジョン スポッツカバー(N)

ナビジョン スポッツカバー(N)

紫外線から肌を守りながら、ファンデーションだけではカバーしづらい濃いシミや赤味などをしっかりカバーします。
(SPF34・PA+++)

出典:http://navision.shiseido.co.jp/

18・シスレー フィト サーンズ エクラ

シスレー フィト サーンズ エクラ

疲れた印象になりやすい目もとのむくみ・たるみ・クマをカムフラージュ。
スキンケア効果とメイクアップ効果を兼ね備えたオールインワンコンシーラー。

出典:http://www.sisley-paris.com/

19・ジバンシイ タン・クチュール・コンシーラー

ジバンシイ タン・クチュール・コンシーラー

肌色とピンクのフォーミュラを融合することで、 高いカバー力を実現しながらも、まるで生まれたての初肌のようなほんのりと上品な血色感、自然で明るい印象へと導きます。

出典:http://www.parfumsgivenchy.jp/

20・ノブ コンシーラー

ノブ コンシーラー

しみ・そばかす、色むら、にきび痕などの気になる部分をしっかりカバーするコンシーラーです。
無香料・低刺激性
ノンコメドジェニックテスト済み(すべての方に、にきびができないわけではありません)
SPF34・PA+++(紫外線吸収剤不使用)

出典:http://noevirgroup.jp/