忙しい朝でもできる!即効性バツグンの顔のむくみ解消法

11437cf2a84e5f27205748398115a330
出典 : http://griphand.kyotolog.net/
朝起きて、鏡を見て「ぎょっ」としたことはありませんか?顔がパンパンにむくんでいて、ひどい!でも、時間もない!仕方なく顔を隠すように下を向いて出勤、急遽デートをキャンセルなんてこと、誰でも一度は経験があるかもしれません。そんな、むくみ顔でピンチのときの対処法をご紹介します。

顔がむくんでいる状態とは?

thumbnail

出典 : https://sourcecodes.pro/
そもそも顔がむくんでいるというのは、どんな状態なのでしょうか?それは余分な水分が肌の内側にとどまっている状態。老廃物を運ぶ血液やリンパの流れが悪化し、老廃物が身体の中にとどまってしまい、むくんで顔が腫れぼったくなっているのです。

顔がむくみやすいのは断然、朝!

朝は顔がむくんでいても、昼頃には落ち着いているなんてこと、ありませんか?それはむくみの原因となる水分や老廃物が、立って活動しているうちに重力で下に下がるため。寝ている間は横になっているので、余分な水分が顔に滞りやすいというわけです。

反対に夕方頃になると足がむくむというのは、立って活動している間に、重力により余分な水分や老廃物が足の方に移動するからです。

むくみ解消のポイントは?

先に述べたように、体内の水分過剰や血流・リンパの流れの悪化がむくみの主な原因です。まずは余分な水分を体内に排出し、血流・リンパの流れを改善することが必要です。

1、あったかい飲み物を飲む

0b86963dbbe54e71efadba0457750416

出典 : http://thelittlecorner.tumblr.com/
血行不良の主な原因は、身体の冷え。朝食にあたたかいものを飲んだり食べたりすることで、身体を温め、血流改善を促すことができます。おすすめの飲み物は、緑茶やハーブティー。

あったかい緑茶は身体を温めてくれるだけでなく、利尿作用があり、余分な水分の排出を促します。また、身体の水分調整をしてくれるカリウムとマグネシウムも豊富に含まれています。

それと、ハーブティーの一種「カモミールティー」には、身体を温める効果だけでなく、副交感神経を刺激する効果があります。それにより身体を効率的に温めることができるようです。

2、朝5分もあれば!冷温パック

顔を温める、冷やすを交互に繰り返すことで細胞を刺激し、血流改善につながります。ものの5分ほどでできる、冷温パックの方法です。

準備するもの:タオル 2枚

1、 タオルを1枚、水で濡らして冷やす。
2、 もう1枚のタオルはお湯で温める。もしくは、水で濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分ほど加熱し温めて蒸しタオルをつくる。レンジから取り出す際は、やけどに注意を!
3、冷たいタオルと、温かいタオルを交互に、大体20秒ずつ顔にあてる。これを3セットくらい繰り返す。
※途中、タオルがぬるくなったら再度、温めたり冷やしたりして調整を。

hottowel

出典 : http://www.skincare-univ.com/

特に、まぶたの腫れが気になる人は、タオルをまぶたの上に交互にのせるといいでしょう。

肩や首のこりが血流を悪化させている!?

血行不良の原因は、首や肩のこりによる場合も。首や肩の筋肉が固まってしまうと、顔に血液がうまく循環せずに、むくみを引き起こしてしまうのです。そのため、首のストレッチでこりをほぐすことで、血行を促進させて顔のむくみを解消します。

3、起き抜けの3分で完了!首のストレッチ

特に顔付近の首のストレッチをするのは、顔のむくみ解消には効果的です。身体を軽く動かすことで眠気を吹き飛ばし、血流の流れを改善できます。また、自律神経も整い、気持ちのいい朝になるでしょう。

1、深呼吸をして大きく伸びをする。
2、気持ちを楽にして、ゆっくりと右に首を傾け、5秒くらい静止。
3、左も同様に首を傾け、5秒ほど静止。
4、次に首をゆっくりとまわす。右回り、左回りを交互に5回ほど繰り返す。

即効!簡単!ツボ押しでむくみ解消

顔のむくみに効くツボがあることを知っていますか?効果的なツボがわかれば、ツボ押しで手軽に手早く、むくみの対処ができますよ。

経穴(けいけつ)・ツボとは?
ツボの数は全身で670種類あります。ツボのひとつひとつに名前があり、体の各器官に関係しています。東洋医学では、ツボを触ったり、刺激したりする事により体の異常を見つける事が出来ます。
ツボは、東洋医学で言う「経穴」の事をいい、病気の時に反応の現れやすいツボを刺激すると治療に効果的とされています。

また、人間には14本の経絡が通っており、経絡上にあるものがツボです。この経絡の流れが滞ると体調が崩れたり、痛みなどの原因となったりします。経絡には東洋医学で言う、「気」と「血」が流れています。その「気」と「血」がスムーズに流れると健康が保たれます。ツボを刺激する事により、体の体調を整える効果もあります。

引用: http://hariq.co.jp/

ツボ押しは、指の腹をつかって、やさしく、ゆっくり押すのが基本。顔の皮膚は薄くてデリケートなので、強く押し過ぎないように注意しましょう。

4、むくみに効くツボ押し

①太陽(たいよう)

眉毛の外側とこめかみの間に「太陽」というツボがあります。この部分に親指を押し当て、ゆっくり加圧。心地よいと思う程度の強さで押します。そのままゆっくり、のの字を描くように回して刺激を与えます。

太陽のツボは、顔のむくみだけでなく眼精疲労にも効果的です。

②天柱(てんちゅう)

首の後ろ側中央の、髪の生え際近辺にくぼみがあります。そのくぼみの両脇にある、でっぱった部分が「天柱」です。それぞれの親指を左右の天柱に押し当て、残りの指で頭を支えるような形で固定します。天柱をゆっくりと3秒ほど押しては離すを繰り返します。頭上に向かって押し上げるようなイメージで押してください。

天柱のツボは顔のむくみだけでなく、頭痛改善にも効果的です。

③合谷(ごうこく)

手の甲側の人差し指と、親指の骨が合流する場所からやや人差し指よりのところにある「合谷」。親指で強く押したときに痛みを感じるところを探りましょう。

1、左手の合谷を右手の親指と他の指で挟み込むようにして、親指部分に力を入れます。痛気持いくらいの強さで3秒くらい押して、一度離してまた3秒ほど押す、これを5回ほど繰り返します。

2、次に右手の合谷も同様にツボ押しします。
合谷は万能のツボと称され、刺激することで血流改善されるそう。それにより、顔だけでなく身体全体のむくみ解消にも効果的です。また、花粉症や睡眠障害などの改善にも効果を発揮するようです。

メイク前にさっとリンパマッサージを

むくんだ顔にメイクをしてもパッとしません。顔のマッサージをすることでリンパの流れを改善、むくみを解消しましょう。スキンケアの乳液を塗りながらマッサージをすれば、指のすべりもよく、肌への負担を軽減できます。

5、朝の3分で!むくみ解消リンパマッサージ

リンパの流れを意識しながら、鎖骨にゴールするような形で指をつかってマッサージしましょう。

1、人差し指と中指、薬指の3本を、左右それぞれの口角に当てる。
2、口角から鼻の脇、目の下を通って耳の下、さらに耳の下から鎖骨まで指を滑らせていく。
3、同じ3本の指を頬骨に沿って内側(鼻の脇、目の下あたり)から外側にかけて、大きく半円を描くように顎の方へ滑らせる。
4、次に、同じ3本の指を眉間に当て、眉間から額を引き上げるように半円を描きながら、こめかみに向けて滑らせ、さらにそのまま首を通って鎖骨まで動かす。
5、最後に、人差し指と中指の2本を目尻から目の下を通って目頭、まぶたを通過し、耳の下まで動かす。そのまま首を通って鎖骨まで滑らせる。
6、これを3回ほど繰り返す。

むくみ予防には何が効く?

ピンチを救ってくれる、すぐできる顔のむくみ解消法を知っておくことも大事ですが、日頃からむくまないように注意することも大事です。水分過剰、血液やリンパの流れの悪化を引き起こす、むくみの原因となる生活習慣や注意すべき点、予防対策をご紹介します。

アルコールはほどほどに!

アルコールを飲みすぎた翌日に、顔のむくみを経験したことのある人は、結構多いのではないでしょうか?アルコールは、基本的に人体にとって毒物だと考えられています。そのため、体内で毒物だと感知されたアルコールを排除しようと肝臓が動きます。その際に、多くの水を体は要求することになります。

そのため水を過剰に摂取せざるを得ない状況ができ、多くの水を摂取してしまうのです。その結果、多くの水が体内に溜まり顔のむくみへ発展してしまうのです。

引用:https://welq.jp/

ストレスをためないように!夜はゆっくり入浴を

cached
出典 : http://weheartit.com/entry/
ストレスが原因で血液の流れが悪くなり、むくみの原因になることも。夜、ゆっくり入浴するのは、身体を温める効果だけでなく、リラックスしてその日の疲れをとる、安眠するのにも有効。血行をよくする入浴剤を活用するのもおすすめです。

塩分の摂り過ぎに注意!

塩分=ナトリウムは人間の体に大切な成分ですが、体液の塩分濃度は決まっており、必要以上の塩分を摂り過ぎると体内の濃度をコントロールしようと体が水分を欲します。しょっぱいものを食べると喉が渇くのはこのためです。

つまり、塩分を沢山摂取すると、合わせて水分も必要以上に摂取してしまうため、体内に水分が多くなりむくんでしまうということになります。

引用: https://welq.jp/

塩分を取りすぎてしまったら、カリウムが多いものを食べること。ミネラルの1種であるカリウムは、塩分(ナトリウム)を体内から排出する働きがあります。カリウムは、りんごやバナナなどの果物に多く含まれているので、朝食に取り入れるといいでしょう。

むくみに負けない!美人の習慣を

いかがでしたか?いざ顔がむくんでしまっても、即効ケアできるように、マッサージやツボ押しなどしっかりとマスターしておきましょう。むくんでしまう原因を知り、日頃からむくまない生活を心がけておくことも大事です。さあ、むくみ顔の憂鬱な日にさよならです!