つらい運動なしで痩せる!お風呂に入るだけの超簡単ダイエットとは?

 

「ダイエットは嫌いだけどお風呂は大好き!」
「疲れるから運動はしたくない!」
という方も多いのではないでしょうか?
実は、筆者のわたしもそのうちの1人です!(笑)

 

今回は、そんなわがままさんにぴったりな”お風呂ダイエット”についてまとめました。
脚やお腹周りなど特に気になる部分を中心に、お風呂で痩せる方法を紹介しちゃいます!

 

 


 

”お風呂ダイエット”って?

 

ofrndt2
出典:http://dietbi.com

 

お風呂ダイエットとは、お風呂の入り方を少しだけ工夫して消費カロリーを高めるというダイエット法です。

 

毎日シャワーで済ませているという方でも、浴槽にお湯をためてきちんと湯船につかるだけでもダイエット効果が得られると言われているんです。

 

ちなみに、このダイエット方法を利用するだけで、20分で300~400㎉も消費できると言われています。

300~400㎉を消費するには、ランニングなら30分、水泳なら一時間行う必要があることから、いかにお風呂ダイエットが効率がよいかということがわかると思います。

引用元:http://dietbi.com

 

お風呂に入って汗を流し、運動をした時と同じ効果を得ようというものです。

 


 

お風呂ダイエットにはどんな効果があるの?

 

1202234top
出典:https://myreco.me

 

 

温かいお湯に浸かっていると、体が芯からぽかぽかと温まってきますよね。
体が温まるということは、血行が促進されている証拠なんです。
血行がよくなれば、代謝がアップして脂肪の燃焼が活発になります。

 

 

代謝が上がることで、さらにいいことが。
発汗作用が促されるので、体内に溜まった老廃物や毒素が排出されて、むくみ解消に繋がります。
むくみは脂肪と老廃物を結びつけセルライトを作る原因となるため、ダイエットにとって大敵です。

 

 

さらに、食事の前にお風呂に入ると、血液が全身に巡るため消化器官の働きが抑えられます。
自然と食欲が減退するということです。
そして、きちんと湯船に浸かるお風呂ダイエットは、ダイエット以外の効果も期待できます。
体の隅々まで温めるため冷え症が改善したり、肩周りの血行を促進することで肩こりの解消も期待できます。

 

また、お風呂に浸かるとため息が出ることはありませんか?
ため息が出るのは、疲れや緊張がとれてリラックスできている証拠です。
お風呂ダイエットとは、単に痩せるためだけのものではないのです。
ストレスを発散してリラックスし、体の血の巡りを良くする役割もあるんです。

 


 

どうすればお風呂で痩せられるの?

 

 

お風呂にダイエット効果を持たせるためにやることは、汗をかくことです。
たとえば、半身浴など入り方を工夫して血の巡りを良くし汗を流す、というのも効果的です。

 

お湯で皮膚が柔らかくなった肌は、マッサージ効果が抜群です。ただお風呂に入るよりも痩せやすくなりますし、体のコリや疲れをほぐします。

 

これらの方法で無理なくダイエットをしましょう。

 


 

高温反復入浴法

 

huro2
出典:http://igot-it.com

 

高温反復入浴法って初めて聞いた!という方も多いかと思います。
高温反復入浴法とは、簡単に言うと40度から42度の熱いお風呂に入ったり出たり、を繰り返す入浴法のことです。
こうすることで交感神経が刺激され、脂肪が燃焼しやすくなると言われています。

 

 

ただ、ひとつだけ注意して欲しい点があります。

 

高温反復浴は体力をかなり消耗する入浴方法だということです。
なので、疲れて帰ってきてお風呂に入る際にする入浴方法では決してありません。

しかし、毎日のお風呂の習慣に取り入れることで、実際にカロリーを消費して痩せていくだけでなく、褐色脂肪細胞を活性化させ脂肪を燃やしやすくするため、非常に効率が良いダイエット方法です。

引用元:http://dietjyouhou.com

 

では、ここから高温反復入浴法のやり方を紹介していきます。

 

 

入浴を始める前の準備

 

まず、最初に述べたようにお風呂は40〜42度と熱めに張っておきます。

 

高温反復浴をする前に、まずは水分補給が必要です。
お風呂でダイエットをする際には、汗がだらだらと流れ落ち、体の水分が足らなくなってしまいます。

 

特に、高温反復浴は体のエネルギーを大量消費し、半身浴よりも疲れてしまい、脱水症状が起こりやすい状態になってしまいます。

 

なので、高温反復浴を始める前に、まずはコップ1杯の水やスポーツドリンクを飲んでおきましょう。
途中休憩のためのドリンクをあらかじめペットボトルに入れて用意しておくとなおいいです。

 

①かかり湯をする

 

浴槽に入る前に、お湯に体を慣らすために必ず湯船のお湯を体にかけましょう。
ぬるめのお湯を、心臓から遠い部位からかけることによって徐々に体がお湯に慣れていきます。

 

②3分間お風呂に浸かる

 

身体が温まったところでさっそく入浴を始めていきます。
まず気をつけておきたいのは半身浴とは違い、高温反復浴は全身をお湯に沈めるということです。

 

半身浴は、長時間お風呂に入るため内臓の負担を減らすようにお湯に半身しか沈めません。
しかし、高温反復浴ではその逆で内臓に負担をかけながらエネルギーを消費します。

 

そのために3分間という入浴時間の制限があり、これ以上の入浴は体力を消耗してしまうばかりか内蔵機能を阻害してしまうため、効率が悪くなってしまいます。

 

 

③5分間休憩する

 

3分間の入浴が終わったら一旦休憩をしましょう。
休憩時間は体を洗ったり頭を洗ったり自由に過ごして大丈夫です。
水やスポーツドリンクを飲んで水分補給もしておきましょう。

 

この休憩時間は高温反復浴に必要な休憩です。
長時間お風呂に入ってダイエット効率を高めたいという気持ちはわかりますが、入浴と休憩を繰り返す入浴方法が高温反復浴です。
休憩時間はしっかりと取りましょう。

 

また、冷水シャワーで褐色脂肪細胞を意識して冷やしたり、ストレッチをすることでダイエット効果がさらに高まります。

 

 

④入浴と休憩を3回繰り返す

 

この入浴と休憩を3回繰り返すだけで高温反復浴は終了です。
回数を増やすと、ダイエット効果も高まるように思えるのですが、体力を考えると効率がいいとはいえません。
繰り返すのは3回までにしましょう。

 

また、体調が悪くなったりした際には、すぐに高温反復浴をやめましょう。
高温反復浴は物凄い勢いで体力を消耗する入浴方法なので、立ちくらみや失神など起こってしまう可能性もあります。
十分に注意して行ってください。

 

高温反復浴は疲労も大きく、何度も入ると疲れてしまいます。
一日2回を上限としましょう。

2回目の入浴は六時間以上の間隔をあけましょう。反復浴は体が平温に戻るまで長時間カロリーを消費し続けます。六時間程度の時間をあけて入浴しないと、ただ疲労を溜めてしまうだけになってしまうかもしれません。

引用元:http://igot-it.com

 

 

⑤最後は体を冷やして

 

最後には冷たいシャワーで汗を流してお風呂から出ましょう。
お風呂のお湯で気付きにくいかもしれませんが、体からは汗がだらだらと流れているのでそのままお風呂からあがるのは良くありません。

 

また、熱いお湯で交感神経が活性化しているためそのまま出てしまうと寝つきにくくなり、睡眠不足になりかねません。
しっかり冷たいシャワーで熱をとり、交感神経を抑えてリラックスモードに切り替えましょう。

 

 


 

中温半身入浴法

 

images
出典:http://dietizm.com

 

また新たな入浴法が出てきましたね。
中温半身入浴法というのは、いわゆる半身浴のことです。
お湯を浴槽の半分くらいまで入れ、中温のお湯に長時間つかる入浴法です。
20〜30分のジョギング並みの効果が期待できると言われています。

 

高温反復浴に比べて水圧や負荷が少ないため、ゆったりとリラックスしながら行うことができます。
長い時間お湯に浸かっているため、本を読んだり音楽を聞いたりスマホを持ち込んだりと、自分の時間を楽しみながら行えるのが魅力です。

 

 

①かかり湯をする

 

中温半身入浴法でも高温反復浴と同じように、最初は湯船のお湯を体にかけます。
心臓から遠い部位から順にかけていきます。

 

 

②20分間お風呂につかる

 

39~40度くらいのぬるめのお湯を浴槽の半分程度まで張って、胸まで浸からないようにして入ってください。
冬場は肩が冷えてしまうため、タオルを掛けて行うとよいでしょう。
20分はきついという方は15分程度でも十分に効果は得られます。
お風呂に入ってる間は、何をしていても大丈夫です。
本を読んだり音楽を聴いたりすれば、飽きずに入浴できますし、さらにダイエット効果を上げるためにマッサージをするのもいいです。

 

 

③10分間休憩する

 

一度浴槽から出て休憩をします。
この間に水分補給をして、頭や身体を洗っておくと良いでしょう。

 

④好きな時間お風呂につかる

 

休憩が終わったら、もう一度お風呂につかります。
今度は自分の好きな時間だけ入ってOKです。
リラックスして楽しいバスタイムを過ごしましょう。

 

⑤お風呂上がりにも休憩を

 

お風呂から上がったらゆっくり休みましょう。
水やスポーツドリンクも多めに飲むようにしてください。

 


 

エプソムソルトを入れる

 

IMG_2512-thumb-300x300-4221
出典:http://www.nail-asterism.com

 

ハリウッドセレブも愛用してるという、エプソムソルト。
古くから欧米では入浴剤として使用されていたそうです。
ソルトと言っても塩ではなく、主成分は硫酸マグネシウムです。
お風呂に入れて入浴するだけで、現代日本人に不足しがちなマグネシウムを補う働きをしてくれます。
血行が良くなり、冷え、あかぎれも予防してくれます。

 

それだけでなく、疲労回復にも効果的で、体内の余分な水分や毒素をどっさり排出
代謝もアップして、体内脂肪を燃焼しやすくする効果もあるのでダイエットにはまさにぴったりなんです。

 

seacrystals エプソムソルト 8kg(4kg×2)

 

スクリーンショット 2016-08-25 23.00.02
出典:https://www.amazon.co.jp

 

エプソムソルトの使い方は、150Lのお風呂に150cc以 上(0.1~0.2%程度)入れてください。
数秒経つとお湯が白く濁り、また透明にもどって水道水の塩素は中和されます。
ゆっくり20分くらいつかるのがおすすめです。

 

https://www.instagram.com/p/BC1vSELiE7j/?tagged=お風呂ダイエット&hl=ja

 

高温反復入浴法や中温半身入浴法をするときにエプソムソルトを入れてからお風呂に入ると、さらにダイエット効果が増します。

 

 


 

レギンス入浴ダイエット

 

 

 

レギンス入浴ダイエットとは、名前の通り着圧レギンスを穿いた状態でお風呂に入るというダイエット方法です。

 

足のむくみ取りに着圧ソックスを愛用している、という方は多いと思いますが、足首からふくらはぎ(場合によっては太ももまで)をカバーするソックスとは異なり、着圧レギンスは胴体部分までしっかり圧力を掛けるため、足痩せだけではなくウエストやお尻の引き締めにも効果があると言われています。

引用元:http://dietbi.com

 

やり方は、ただ着圧レギンスを履いてお風呂に入るだけ!
こちらも今回紹介した高温反復入浴法や中温半身入浴法と組み合わせてやってもOKです。

 

 


 

お風呂で無理せず痩せよう♡

 

激しい運動をして自分を追い込まなくても、毎日のバスタイムで無理なく痩せることができます。
今日からでもできることなので、さっそく実践してみてください!