健康的に痩せるための『3つのルール』と『7つの習慣』で憧れのスリムボディへ!

健康的に痩せて、憧れのスリムボディを手に入れるためには「3つのルール」と「7つの習慣」があります。
これらをしっかり守っていれば、あなたも必ずダイエットに成功するので頑張ってください!!

ダイエット

健康的に痩せるための『3つのルール』

ダイエットをする上で、いろいろなルールがあると思いますが最低限のルールを3つご紹介させていただきます。

・最低3ヶ月はダイエットをやめない!

「短期集中ダイエット」や「1週間で○キロ痩せる」などのダイエット方法がありますが、短期間でのダイエットに成功してもリバウンド率が高くなってしまうことが多くなります。

食事制限のみで痩せようとしても思うようには痩せていきません。
○○だけダイエットも同様です。

憧れのスリムボディを手に入れるためには、リンパマッサージやストレッチ・エクササイズを取り入れる必要があります。

ダイエットには「忍耐力」や「根気」がある人が成功する傾向があります。

身体に変化が訪れるまでに、「このダイエット方法は痩せない!」と、決めつけてしまい、次から次へとダイエット方法を変えてしまっていませんか?

1つのダイエット方法で結果があらわれるようになるのは、まずは1週間ほど経過したときです。
はじめてすぐに結果があらわれて嬉しくなることでしょう。

しかしダイエットには「停滞期」という時期が訪れます。
この期間は目に見えて変化がないのですが、次への変化への準備期間なので、ここで挫折してしまわないようにしてください。

1つのダイエット方法は3ヶ月継続してみてください。
正しいダイエット方法をやっていれば、必ず結果はついてきます。

・無理をしない!頑張りすぎない!

ダイエットをはじめたばかりのころは「早く痩せたい!!」と、「あれもこれもしなきゃ」と思ってしまったり、「もっと追い込まなきゃ!!」と頑張りすぎてしまうことがありませんか?

無理な食事制限をしてしまったり、自分の力量を越えている筋トレやエクササイズをしてしまったり…。
最初は急激に痩せることが出来るかもしれませんが、無理なダイエットは続くわけがありません。

もともと運動が嫌いな方が、ジョギングをはじめたらどうでしょうか?
最初の数日は続くかもしれませんが長続きするわけもなく3日坊主になってしまうでしょう。

食べることが大好きな方が、いきなり食事の量を極端に減らしてしまったら、食べられないことがストレスになって、ダイエットは挫折してしまい暴飲暴食へと走ってリバウンドとなってしまうのではないでしょうか。

ダイエットをするときは、無理をしてはいけません!頑張りすぎてもいけません!

・こうなりたいという目標を明確にしましょう!

ただ漠然とダイエットをしても目標がなければ、途中で挫折しやすくなってしまいます。

「○○までに○キロ痩せたい!」という目標でもいいのですが、努力した先に幸せという目標がある方が人間はモチベーションが上がります。

何キロという目標よりも、ダイエットすることが楽しくなるような目標を設定してみてください。

ダイエット

『7つの習慣』で憧れのスリムボディへ!

ダイエットをやるときには、より痩せやすくなるために「習慣化」した方がいいことがあります。

・正しい姿勢を身につける

どんなにキレイな方でも、姿勢が悪いと全体の印象が悪くなってしまうと思いませんか?

姿勢が悪いと、猫背になってしまったり骨盤がゆがんでしまったりしてしまいます。
正しい姿勢は、日常のエクササイズといわれるほど、ダイエットにとても良いことです。

正しい姿勢の立ち方
正しい姿勢
出典:https://moteco-web.jp/

あなたは正しい姿勢で立てていましたか?

姿勢が悪いままでいると「基礎代謝の低下」「ぽっこりおなか」「バストの下垂」「肩こり」「頭痛」「便秘」「むくみ」など、さまざまな悪影響が身体に出てきてしまいます。

中でも「基礎代謝の低下」や「むくみ」は、ダイエットには大敵なので、正しい姿勢を身につけましょう。

正しい姿勢をするには、腹筋や背筋を使うことになるので、筋力が弱いと最初はキツく感じると思うので、1日に1回だけでも姿勢を正すことからはじめてみてはいかがでしょうか。
筋力がついてくれば、正しい姿勢をキープ出来る時間も長くなっていきます。

頭頂部を糸で吊られているイメージを常に意識していれば、自然と正しい姿勢が身につくので頑張ってください。

・体重よりも、見た目を重視しましょう

「○○キロ痩せる!!」と目標設定したら、毎日体重を計測すると思いますが、一喜一憂して停滞期になると「減らない…。」と挫折してしまうことはありませんか?

体重は朝と夕でも変動するので、計るのであれば毎日決まった時間にしてください。
また、脂肪が筋肉へと変化していくと、見た目は細くなっているのに体重は増えます。
脂肪より筋肉の方が重いからなので、「増えている!!」と焦る必要はありません。

体重を気にするよりも、毎日鏡を見て体型チェックをしましょう。
自分の目で毎日体型チェックをすると、どこが痩せてどこが太くなっているのかよく分かります。

体型チェックにより、どこを重点的にストレッチやエクササイズをしたらいいかの目安にもなります。

見た目重視
出典:http://weheartit.com/

・毎日ストレッチやエクササイズをやりましょう

ダイエットは、食事制限だけでは痩せません。
一時的に体重は減りますが、憧れのスリムボディーになるためにはストレッチやエクササイズをやつ必要があります。

基礎代謝が低下したままの身体では、痩せるまでに時間もかかってしまうので効率も悪くなってしまいます。
筋力がついてくると、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼率もアップするのです。

ストレッチやエクササイズは、毎日継続してやる必要があります。

ムキムキを目指している方の筋トレは、毎日やってはいけないと言われていますが、ダイエットのためのストレッチやエクササイズは習慣化することで、痩せやすい体質へと変化させていくことが出来ます。

鍛えることが目的ではないので、何時間もある必要はありませんよ。
1日数分だけでも、継続してやっていれば必ず効果はあらわれます。

またリンパマッサージも一緒にやることで、より効果があわられるので是非取り入れてみてください。

ストレッチ
出典:http://weheartit.com/

・よく噛んで食べましょう

よく噛んで食べることにより、早食いをしたときよりも少量で満腹感を得ることが出来ます。

咀嚼回数が増えると唾液の分泌量も増えるのですが、唾液の中には「若返りホルモン」といわれている「パロチン」という物質が含まれており、ダイエットだけでなく美肌効果を得られるので一石二鳥で嬉しいですね。

また、よく噛んで食べる行為が、小顔へのエクササイズにもなるためフェイスラインもすっきりしてきます。

よく噛むための心得

1・食材は噛みごたえがあるように大きめに切りましょう。

小さく切ってしまうと、よく噛まなくても食べることが出来てしまうので、しっかり噛むことが出来る大きさに切ってきださい。

2・噛んでいるときは、お箸を置きましょう。

お箸を持っていると、次の料理を食べたくなってしまいます。
噛んでいるときには、一旦お箸を置いて噛むことに集中してください。

3・柔らかいものより歯ごたえのあるものを食べましょう。

現代の食事は、あまり噛まなくて食べられるものが多いと思います。
歯ごたえのあるものを1品でも献立に入れましょう。

和食

・水分をしっかり摂取しましょう

水分をしっかり取ることにより、基礎代謝や脂肪燃焼率が上がり、血液中の老廃物の排出を促しリンパの流れも良くする効果があります。

しかし、よく冷えた飲み物が身体を冷やしてしまうため基礎代謝が下がってしまうので、常温か温かい飲み物を摂取するよう心がけましょう。

一気のみをするよりも、1日のトータルが2~3リットルになるようにこまめに飲むようにしてください。
水分といっても砂糖がいっぱい入ったものを飲んでは逆効果になります。
食事の際の汁ものも水分にカウントして大丈夫なので、野菜たっぷりのスープなどもオススメです。

ミネラルウォーター
出典:http://weheartit.com/

・良質な睡眠を取るように心がけましょう

22~2時の間に眠るのが良いとされていますが、現代人の生活ではなかなか難しいですよね。

良質な睡眠の条件は、「深さ」「長さ」「タイミング」の3つとなります。

眠りはじめてからの3時間に深い眠りにつけると、ダイエットを手助けしてくれるホルモンである「コンチゾール」が活発に分泌されるので、良質な睡眠をとることはとても大事なことなのです。

良質な睡眠を取るための心得
1・寝る前に、1杯のお水か白湯を飲む。
2・軽いストレッチをして、身体をリラックスさせる。
3・ぬるめのお風呂に浸かる。
4・就寝前の2~3時間は何も食べない。

良質な睡眠
出典:http://weheartit.com/

・深呼吸をしてみましょう

深呼吸は正しいやり方をすると、ストレッチやエクササイズを同じような効果が得られます。

しっかり腹式呼吸をおこなうことにより、基礎代謝や脂肪燃焼率が上がっていくので痩せやすい体質へと変化していきます。

正しい深呼吸のやり方

1・鼻からゆっくりと大きく息を吸います。
2・おなかにしっかり空気がたまるのを感じたら、その状態をキープしたまま3秒ほど呼吸を止めてください。
3・ゆっくりと息を口から吐き出します。
4・1~3を3セットほど繰り返します。

※胸が膨らんだり肩が上がったりしてる場合は、腹式呼吸がしっかり出来ていない証拠です。

正しい腹式呼吸での深呼吸が出来ていれば、筋肉痛になる方もいらっしゃいます。
腹筋をしているのと同じ効果が得られたりもするので、1日数回深呼吸をやるようにしましょう。

深呼吸

最後に

健康的に憧れのスリムボディを手に入れるための「3つのルール」と「7つの習慣」はおわかりいただけたでしょうか?
難しく考えてしまったり、きっちり守らなければいけないと思ってしまうとストレスになってしまうので気をつけてくださいね。

ダイエットは普段の生活の中に習慣として組み込んでしまえばいいのです。
慣れるまでは大変かもしれませんが、「ルール」や「習慣」を身につけることで、少しずつ自分の生活スタイルには当たり前にあることになっていきます。

ちょっとだけ意識を変えて、思い描くスリムボディを手に入れましょう。