身体の内側からポカポカ!脂肪燃焼に効果てきめんのスープダイエットのやり方とレシピ

口コミなどで話題になっている脂肪燃焼スープダイエットですが、どのような効果があるのでしょうか?

脂肪燃焼スープダイエットの効果ややり方・レシピ・デメリットなどをご紹介させていただきます。

脂肪燃焼スープダイエット
出典:http://weheartit.com/

■脂肪燃焼スープダイエットって?

食事制限でのダイエットはあまり効果がないと言われていますが、脂肪燃焼スープは「食べれば食べただけ痩せる」といわれているダイエット方法です。

手術前に痩せる必要がある患者さんにも取り入れられるダイエット方法でもあります。

よくある○○を食べて痩せるというダイエットとは異なり、脂肪燃焼スープは味に飽きてしまってもアレンジができるため、飽きることがあまりないのが利点です。

・ダイエットに失敗しがちな人にこそ「脂肪燃焼スープ」がオススメ!!

いろいろなダイエット方法をやってみても長続きせず挫折してしまったり、リバウンドを繰り返してしまう人もいると思います。
そういう人にこそ脂肪燃焼スープダイエットをオススメします。

ダイエット
出典:http://weheartit.com/

・脂肪燃焼スープダイエットの効果は?

脂肪燃焼スープダイエットで得られる効果には何があるのでしょうか?

脂肪燃焼スープで新陳代謝アップ!!

脂肪燃焼スープを食べることにより、新陳代謝を向上させる効果を得ることができます。

基本の脂肪燃焼スープには、キャベツ・タマネギ・セロリ・トマト・ピーマン・ニンジンの6種類の野菜と昆布や鰹節・鶏がらスープで煮込み、生姜を入れます。

新陳代謝を向上させる効果のある食材がたっぷり入っているので効果を得ることができるのです。
新陳代謝が上がるということは、痩せやすい身体になるということになります。

脂肪燃焼スープでデトックス効果!!

脂肪燃焼スープは「デトックススープ」という呼ばれ方もする通り、デトックス効果があります。

冷え性の人は、体に老廃物や毒素が溜まってしまうために起こってしまいます。
太っている人や痩せにくい人の多くは、代謝の悪さから冷え性になっていることが多いのです。

通常であれば、老廃物や毒素は便とともに出ていくのですが、便秘などで老廃物や毒素が、腸内に溜まってしまうと、糖分や脂肪分を体内に取り込みやすい体質へと促されてしまうのです。

脂肪燃焼スープは多くの野菜が入っているので、たくさん食物繊維が含まれており、便秘の解消にも効果を発揮してくれます。
脂肪燃焼スープの効果は、身体の細胞の活性化にもつながっていくため、基礎代謝アップされダイエット効果に繋がっていくのです。

脂肪燃焼スープで免疫力アップ!!

脂肪燃焼スープのデトックス効果と新陳代謝のアップ効果が、体内環境や体質改善に繋がるため、免疫力もアップします。
免疫力がアップすると、病気にもなりにくい体質へと変化してくれます。

健康な身体でいれば、常に体調も良く自然と活動的になると思います。
活動的でエネルギーに溢れていると、意識しなくてもダイエットへと繋がっていきます。

■脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットとは「1週間続けてやるダイエット」だということを覚えておいてください。

1週間毎日脂肪燃焼スープを食べることが絶対に守らなければいけないルールとなります。

ほかのダイエット方法は、最低3ヶ月は続けなければいけなかったりするので、途中で挫折してしまいがちな人も多いかと思いますが、脂肪燃焼スープは1週間という短期間でのダイエット方法なので、飽きやすい方も楽に続けられると思います。

料理が苦手な人でも、材料を切って煮込むだけなので簡単に作れるのも嬉しいですね。

いろいろな味にアレンジすることもできるので、食事をすることが大好きな方にもピッタリなダイエット方法だと思います。

脂肪燃焼スープは、必ず食事の最初に食べるようにしてください。
最初に食べることによって、血糖値が上がりやすくなり、ほかの食事の脂肪を蓄積されるのを防ぎます。

ほかの食事でおなかを満たすのではなく、脂肪燃焼スープで満たすようにしましょう。
脂肪燃焼スープであれば、どれだけ食べても大丈夫です。

・1週間の脂肪燃焼スープダイエットのスケジュール

1日目 スープと果物のみの日

果物はバナナ以外なら何を食べてもOKです。
水分は水か100%のジュースで補ってください。
ただし市販の100%ジュースは糖分が多いのでできるだけ自分で作ったほうがいいです。
無理なら市販のジュースは2杯くらいまでにしておきましょう。

2日目 スープと野菜のみの日

豆やスイートコーン以外の野菜なら何を食べてもOKです。
夕食にベイクドポテトもOKだそうですが、バターを使う際は少量にしておきましょう。

脂肪燃焼スープダイエットと一緒に食べるおすすめのベイクドポテトの作り方は、ジャガイモに下まで切らないように5mm間隔で切り目を入れ、レンジで3分ほど加熱した後オーブントースターで15分ほど焼きます。
そのあとは塩を振りかけるだけでもおいしいですし、物足りないなら少量のバターを塗ってもOKです。

3日目 スープとフルーツと野菜の日

スープとフルーツと野菜なら好きなだけ食べてOKです。
ただしこの日はベイクドポテトはダメだそうです。

4日目 スープとバナナとスキムミルクの日

バナナは3本食べましょう。
スキムミルクは一日500ml程度でスキムミルクの代わりに無糖のヨーグルトでもOKだそうです。

5日目 スープと肉とトマトの日

肉は脂肪の少ない赤身の牛肉か鶏肉で、350gから700gくらいの量を食べましょう。
肉の代わりに魚でもOKです。トマトは最大6個までです。
尿酸の排出のためにも水は多めに摂りましょう。

6日目 スープと牛肉と野菜の日

epsomsolt

この日は牛肉と野菜の量に制限はありません。
ステーキもOKです。ただしベイクドポテトはNGです。

7日目 スープと玄米と野菜とフルーツジュースの日

玄米と野菜を食べ、甘味料の入っていない100%のフルーツジュースを飲んでください。

以上が基本的な脂肪燃焼スープの1週間ダイエットスケジュールです。
このスケジュール通りにできれば、5kgから8kgくらいの痩せる効果が期待できるとのこと。
実際口コミでもこの脂肪燃焼スープダイエットスケジュールで痩せたという意見が多くみられます。

出典:https://welq.jp/

・脂肪燃焼スープダイエットでやってはいけないことは?

飲酒NG

お酒が好きな人には厳しいかと思いますが、1週間だけは我慢しましょう。
飲酒することにより、脂肪の燃焼を妨げることになってしまいます。

水分はお水・お茶・ブラックコーヒー以外はNG

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間の献立が決められています。
果物ジュースやスキムミルクなどを飲んでも良い日以外は、お水・お茶・ブラックコーヒーを飲むようにしてください。

決められた日以外に飲んでしまうと、脂肪燃焼スープダイエットの効果が薄れてしまいます。

0カロリー飲料もNGですので注意してください。

・脂肪燃焼スープダイエットの3つのデメリット

脂肪燃焼スープダイエットは効果も得られやすいダイエット方法なのですが、デメリットもあります。
デメリットを知った上でダイエットをやれば、失敗することなく成功へと導かれるでしょう。

栄養不足になりやすい?

たんぱく質が不足しがちになるダイエット方法ですが、たんぱく質はお肉以外からも摂取することができます。
豆類が禁止されている日以外に、豆類や卵・乳製品から摂取するようにしましょう。

飽きやすい?

同じ味のスープや食材だと飽きてしまうと思います。
嫌いな食材が入っていたら余計続けることが苦痛ですよね。

基本はあくまでも基本です。

嫌いな野菜は抜いたり、小さく切っても大丈夫です。
味もいろいろなアレンジで変化をつけてください。

リバウンドしやすい?

食べるものが決められている脂肪燃焼スープダイエットをやっているときはいいのですが、1週間を終えて我慢していた分を食欲という形で爆発させてしまうとリバウンドしやすくなってしまいます。

胃にも負担をかけてしまうので、通常の食生活に戻すのは少しずつにすると良いでしょう。
また、普段から脂肪燃焼スープを献立に取り入れるとリバウンドしにくくなります。

■脂肪燃焼スープダイエット・レシピ

脂肪燃焼スープには、基本のレシピがありますがあくまでも基本なので自由にアレンジしても大丈夫です。
美味しく食べることがストレスなく痩せられる秘訣となります。

・基本の脂肪燃焼スープ・レシピ

脂肪燃焼スープ基本レシピ

材料(3日分)
キャベツ1/2個
玉ねぎ2玉
セロリ1本
にんじん1本
パプリカ1つ
カットトマト缶1缶(400g)
水400cc

コンソメ お好み
塩コショウ少々

作り方
はじめに・・・具材を入れていくとかなりの量になるので【大きめの鍋】を用意するか【半量】で作ってみてください☆
1・玉ねぎ・セロリ・人参・パプリカを1cm角ほどに切って鍋に入れていきます。
2・キャベツを食べやすい大きさにザクザク切って鍋に入れていきます。
3・カットトマトを鍋にいれ、水を入れたらフタをして中火で煮込んでいきます。
4・グツグツ煮立ってきたら、火を弱火~中火にして更にコトコト煮込んでいきます。
5・野菜に火を通しながらトマトを崩しつつ全体的にザックリと混ぜていきます。
6・コンソメ・塩コショウでお好みの味に整えたら、コンソメベースのスープ完成です。
7・野菜に火が通ったら基本レシピの完成です。

出典:http://cookpad.com/

・脂肪燃焼スープ・アレンジレシピ

【脂肪燃焼スープアレンジ】ラー油でチゲ味

【脂肪燃焼スープアレンジ】ラー油でチゲ味

材料
脂肪燃焼スープ2人分
豚バラ肉100g
豆腐(焼き豆腐)1丁
食べるラー油大さじ2
ニンニク 約1片
酒50cc
ごま油 少量

作り方
1・ニンニクはみじん切り、豚バラ肉を5㎝くらいに切り、豆腐を好きな大きさに切る。
2・フライパンを熱し、ごま油をひき、熱くなり過ぎないうちにニンニクのみじん切りを入れ、香りをだす。
3・②に豚バラ肉を入れ炒め、色が変わり始めたら酒を入れ、色が変わるまで炒める。
4・③にスープと、豆腐を入れ、温める。
5・深めのお皿に盛り、食べるラー油をかけて、出来上がり♪

ササミ入り脂肪燃焼?トマトスープ♪

ササミ入り脂肪燃焼?トマトスープ♪

材料
玉ねぎ3個
人参3本
キャベツ1/2玉
セロリ1本
鳥ササミ1本
ピーマン(又はパプリカ)3個(1個)
●コンソメ 1個
●トマト缶1缶
●水鍋一杯(大体トマト缶2杯又は800cc)
●白ワイン 大さじ2
〇塩適量
〇胡椒適量

作り方
1・食材を切ります。玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、セロリは適当な大きさに。人参は1cmくらいの厚さ。ささみは1cmくらい。
2・鍋に【1】の材料と●の調味料を入れ強火で煮ます。沸騰したら蓋をして野菜が柔らかくなるまで煮ます。30分以上。
3・【2】に火が通ったら好みで○の塩・黒胡椒を加えて完成★

出典:http://cookpad.com/

■最後に

美味しくて身体を温めてくれる脂肪燃焼スープは、デトックス効果もありダイエットにオススメです。
具だくさんのスープなので、食べ物を我慢するというストレスも無いため挫折することもないでしょう。

1週間の脂肪燃焼スープダイエットを終えても、普段の献立に具だくさんスープを取り入れてデトックスするのもいいですね。

epsomsolt