ニキビ肌でも使える!お肌にやさしいクレンジングの正しい選び方

クレンジング1つで肌が大きく変わってしまうってご存知でしたか?

せっかく可愛くメイクしてもクレンジング選びが失敗して肌荒れ起こしてしまっては大変・・。

でもメイクはしたいですよね!

そんな時に使えるのがニキビ肌でも使えるクレンジング剤です。

正しいクレンジング剤の選び方をマスターしておかないと肌荒れは後々大変な事に。

ニキビは放置しておくと色素沈着や後に残ったりなど隠せなくなってしまいます。そんな事にならない様にケアしましょう!

横顔美人

クレンジングのポイントは?

クレンジング剤を選ぶ時に必要なのは正しい知識!間違った知識で選んでしまうと余計にニキビができてしまいます。クレンジングも安い物ではないですよね。。失敗しない様に初めはテスターなどもらうといいかも知れません。

牛乳石鹸*洗顔方法
肌に負担をかけすぎるのはNGです。ニキビ肌には低刺激のものが好まれます。あまり刺激が強いクレンジング剤だと悪化します。量も少量でOKですがメイク残りはNG。きっちりと洗い流しましょう。ふき取りタイプのメイク落としは避け洗い流しタイプがおススメです。

油が気になっても・・

ニキビは油、、と思って洗顔をつい一生懸命やってしまいがちですが実はバシャバシャと洗顔しすぎても逆に悪化するんです。皮膚にとって潤いは大事なもの。あまり洗いすぎて乾燥を逃がさないようにしましょう。乾燥はニキビの元です。
牛乳石鹸*洗顔方法
洗顔は軽めにしておきましょう。
潤いとしても大事な皮脂は逃がさないで!

ニキビができた時はなるべく洗顔は避けぬるま湯で洗いましょう。乾燥対策は万全にして下さい。

クレンジング剤の特徴を覚えよう!

油分が多いオイルタイプから滑らかなミルクタイプ、手軽に落とせるシートタイプから様々なクレンジングタイプがあります。ニキビ肌にはどのようなタイプがいいのでしょうか。クレンジング1つで肌のコンディションが変わると言ってもいいほどクレンジングって大事なんですよ。クレンジングはメイクを落とすだけでなく肌にダメージも与えています。なるべく低刺激のものを使いましょう。しかしメイクはしっかり落としたいもの。クレンジングの基礎を覚えてニキビ肌にサヨナラしよう

オイルクレンジングメリットは?

オイルクレンジングの特徴は、なんといっても「洗浄力の強さ」です。
ニキビの原因になる皮脂や毛穴のつまりは脂性汚れです。
「とにかく頑固な皮脂汚れを落としたい!」という方向けです!

引用:http://nikibi-zero.jp/?p=717
スッキリとメイクを落としてくれるのが気持ちいいオイルクレンジング。頑固なメイクも残さず洗い流してくれます。濃いメイクの時はオイルクレンジングが使えそう!

デメリットは?

オイルクレンジングは、皮脂をしっかり落とすため、洗い上がった後の肌が乾燥してしまう恐れがあります。

引用:http://nikibi-zero.jp/?p=717

皮膚は乾燥を感じると、皮脂を分泌しようと働き始めるため、場合によってはオイリー肌を悪化させることになる可能性があります。オイルクレンジングを使う時はいつも以上に保湿する気持ちで保湿しよう。

ミルククレングメリットは?

オススメのポイントの1つは「使用時の肌への負担が少ない」ところです。
とろっとしたテクスチャーのミルククレンジングは、肌への負担が少なく、優しく汚れを落とすことができます。
更に成分も刺激の弱いタイプのものを選べば、ニキビができて敏感になっている肌にはピッタリです。

引用:http://nikibi-zero.jp/?p=717
マイルドなテクスチャーが人気のミルクタイプ。

油分が多く含まれているので洗い上がりはサッパリと洗った感じはしない人も多いかも知れませんが肌にはとても優しくできていてニキビ肌にはおススメです。敏感肌の人におススメのタイプです。
保湿力ありの肌に負担かけずにメイクが落とせます!

デメリットは?

洗い上がりが少し寂しいかもしれません。サッパリと洗いたいという人には不向きかも。ミルクタイプは油分が多い成分で出来ているのでマッサージクリームとしても使われる事があります。

ジェルクレンジングメリットは?

バランスOKの一押しジェルタイプは万能タイプ!刺激が少ない商品が多いのでマッサージと併用して使える事が多いです。(ニキビ肌の時は避けて下さい)

デメリットは?

ポイントメイクなどは落ちにくいことがあります。
専用のリムーバーを使用して下さい。洗浄力は低め。

摩擦が原因だった?

large-1
クレンジングの時に特に注意したいのが摩擦によって肌を痛めつけている可能性がある事です。メイクを落としたいがために一生懸命お肌をこすっていませんか?それでは肌に摩擦が起きてしまいます。長時間のクレンジングや少量のクレンジング剤でゴシゴシ洗っていると肌に摩擦が生じてしまい、角質層が剥がれてしまいます。

クレンジングの量は商品によって異なるので商品の裏をキッチリ読んでから使う様にしましょう。

クレンジングのタイプにもよりますが基本はさくらんぼ1個分だと言われています。

クリームタイプは水が手に濡れない様注意しなければいけない商品もあります。生活に合わせて選びましょう

。肌に摩擦がかかってしまうと乾燥肌の原因になりニキビの原因になります。現代人は今やほとんどが乾燥肌や敏感肌です。クレンジングで摩擦をかけてしまうと老化が進んで老け顔になってしまう事もあります。

クレンジング選びも大事ですが洗い方には十分な注意が必要です。

普段から気をつけたいニキビケア★

普段からニキビケアには気をつけているもののどうしても体質やストレスで出来てしまうという人もいるはずです。ニキビはとってもデリケートで清潔好きです。肌を綺麗に保ってあげましょう。ニキビにはいくつかの段階がありますがどれも毛穴がつまったものになります。どのニキビの状態も角質を詰まらせない様に注意が必要です。

目

Skincare woman putting eye cream

日々の洗顔はコマメに行い保湿が十分にしましょう。特に乾燥肌の人は肌に充分に潤いを保つ事が大事です。毎日メイクをする人はメイクの洗い残しはニキビの原因!洗い残しがない様、ポイントメイクや濃い目のメイクの時は専用のリムーバーやウォータープルーフなどを使うといいです。ニキビ肌には毛穴を開かせ菌を繁殖させない事。ターンオーバーの再生が大事です。食事にも気を使いましょう。普段から味の濃いものやお菓子ばかりはNG!油ものは控えてみて。ニキビ肌はとても敏感です。クレンジング以外でも低刺激の商品を使うといいですね。定期的な洗顔やスキンケアの見直しがおススメ!

★気をつけたい大人ニキビ対策★

  • 日焼け対策をする
  • 保湿に注意する
  • バランス良い食事をする

大人ニキビ-種類がある?

20-30代の間になってもニキビって出来ますよね、これが俗にいう大人ニキビです。大人ニキビは思春期の時に出来るニキビと違い出来る場所がアゴ、口周り、額にできやすくなります。人によって様々ですが再発や後に残る可能性もありますので予防をしておきましょう。ニキビの種類を見て進行具合をチェックしてみましょう。

白ニキビ

白にきび…白にきびは初期段階の状態です。白にきびは、角栓により毛穴が塞がってしまうことです。余分な脂分が表皮の下から外に排出できずに溜まり皮脂が盛り上がって白っぽくなる状態のことです。白にきびは、にきびの中でも症状が軽いので早めに対処すれば悪化せずにすぐに治ります。

引用:http://favor529.info/otonanikibi/otonanikibi4/

黒ニキビ

黒にきび…黒にきびは軽度進行の状態です。黒にきびは、毛穴が詰まって角質が厚くなり毛穴が開き空気に触れて酸化し黒ずみを起こした状態です。黒にきびができててしまう原因は、・お化粧を落とさずに寝てしまう・肌が荒れているのに長時間お化粧したままでいることが主な原因です。

引用:http://favor529.info/otonanikibi/otonanikibi4/

赤ニキビ

赤にきび…悪化して炎症を起こした状態です。赤にきびは毛穴が詰まることでアクネ菌が急激に活性化されます。そうすると毛穴の中で雑菌が異常繁殖して炎症が起こりその部分が赤く腫れ上がった状態になってしまいます。痛みを伴ったり、化膿したり、にきびが潰れるとにきび跡として残ってしまう可能性があります。

引用:http://favor529.info/otonanikibi/otonanikibi4/

黄ニキビ

黄にきび…皮膚の真皮まで傷ついてしまった状態です。赤にきびが真皮に至るまで炎症を続け悪化した結果、化膿してしまい膿が溜まって大きく腫れた状態です。大人にきびの中でも最も重い状態なので放っておくとにきび跡が残り色素沈着などの原因となるので症状がひどい場合は、早めに皮膚科で診察を受けましょう。

引用:http://favor529.info/otonanikibi/otonanikibi4/

クレンジング後も気をつけて

泡立てネット
クレンジング後は優しく洗顔しましょう。ニキビ肌、敏感肌の人は1日1回までと洗顔の回数を決めるといいです。洗いすぎると肌のターンオーバーが乱れてしまいますので注意しましょう。必要な皮脂まで落としてしまいますよ。洗顔フォームを良く泡立てぬるま湯で優しく包むように洗いましょう。冷たい水は刺激が強すぎるのでNGです。洗顔の時間は3分間までと短時間に決め手を良く洗ってから顔を洗って下さい。
ニキビ肌・乾燥肌の人は化粧水、乳液は手で付けると効果的です。刺激が少なく肌への負担も少ない為、乳液や化粧水を良く温めてから顔を覆うようにしてクリームをつけて下さい。*乳液を付ける時は摩擦がかからないよう注意します。

乾燥はニキビの敵!

肌対策で気をつけたいのは何といっても乾燥です。乾燥は敏感肌にもなり、なんといってもニキビ肌の原因になります。余計なスキンケアはニキビの元にもなりますので乳液は1日2回までと決めておきましょう。特に冬は乾燥しやすい時期です。季節によって違うクリームをつけるのもいいかも知れません

まずは自分がどういう肌質なのか見極めるのかが大事ですね、洗顔、クレンジングは毎日適度に行いましょう。