我慢しないで痩せる!「1日1快食」のBOOCS(ブックス)ダイエットのやり方と効果

ストレスがたまりやすい現代社会。
仕事のストレス・学校のストレス・家庭でのストレスに加え、ダイエットをしてストレスになってしまったり…。
発散するために、暴飲暴食をしてしまった経験はありませんか?

ストレスをためることなく、食べる喜びを感じながら痩せられるダイエット方法があったら嬉しいと思いませんか?

そんな嬉しいダイエットなんてあるわけないと思いますよね。
しかし、1日1食快食(BOOCSダイエット)という、夕食に好きなものを心おきなく満足するまで食べられるダイエット方法があるのです。
このダイエット方法を試した方の成功率が95%と、とても高い効果を得られているようです。

ビートたけし・タモリ・Gackt・水谷豊・辰吉丈一郎・福山雅治・庄司智春など、多くの有名芸能人やアスリートも実践されていて、大幅な減量に成功されています。

1日3食しっかり食べることが日本人の食生活の常識とされていました。
1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)は本当に痩せるのでしょうか?

1日1食だけで、健康的に大丈夫?
ストレスから解放されるのだろうか?

今こういった疑問を解決しながら1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の説明をさせていただきます。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)
出典:http://weheartit.com/

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)とは

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)は、九州大学名誉教授で医学博士の藤野武彦先生が提唱した脳疲労を解消しながら健康的に痩せるダイエット方法です。

1日1快食ダイエットは、BOOCSダイエットともいわれています。
Brain・Oriented・Obesity・Control・System=脳志向型肥満調整システムを略してBOOCSなのです。

脳疲労に着目しているダイエット方法として、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の治療方法の成功率の高さからマスコミで取り上げられ広がっていきました。

脳疲労とは、ストレスの積み重ねで脳が疲れ切ってしまった状態のことです。
解消するためには、本能を満足させてストレスから解き放ってあげる必要があります。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)は、ダイエット中にたまりがちなストレスを、1日1回自分が好きなものを好きなだけ楽しく食べることで、食べる喜びを取り戻しながら、脳疲労を解消して、痩せやすい体質にしていくダイエット方法となります。

BOOCS2原理
1).「禁止・禁止」の原理
自分で自分を禁止することをできる限りしない。
2).「快」の原理
自分にとって心地よいことをひとつでも開始する。
出典:http://www.boocs.jp/

ダイエットが上手くいかない人のストレス感とは?

ダイエット中だけでなく、普段の生活だけでもストレスを感じていませんか?
特に、ダイエット中は我慢することも多くなってしまうので、余計にストレスがたまってしまいますよね。

・とても身体は疲れているのに、夜中に意味もなく目が覚めてしまったり、まだ眠たいのに朝早く目が覚めてしまう。
・楽しみなはずの食事が美味しいと感じられない。
・休日など、ゆっくり過ごしているのに疲れが取れない。
・気持ちが沈みがちになってしまう。
・先のことに希望がもてない。
・考えなくてはいけないのに、まとまらない。
・意味もなくイライラしてしまう。
・価値のない存在だと思ってしまう。

など、思い当たることはありませんか?
2つ以上あてはまる人は、脳が疲れてしまっている状態かもしれません。

そんな方は、1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)を試してみてください。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の効果

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の効果には、どのようなものがあるのでしょう?
脳疲労を解消されることによる効果は?

味覚が正常になります

脳疲労が解消されることにより、五感「味覚・聴覚・視覚・嗅覚・触覚」が正常になります。

太っている方は、味覚が鈍感になっているという、味覚テストのデータもあります。
味覚が鈍感になっていると、甘いものや塩辛いものが、それほど甘くも辛くも感じなくなってしまいます。
ほかの方と同じ量を食べても満腹感を得られにくくなり、おなかが空いているわけでもないのに食べてしまったりしてしまいます。
甘いものや脂っこいものが無性に食べたくなったりもします。

このような本来は異常である感覚になってしまうと、普通に食べているつもりでも、たくさんの量や太りやすい質を欲してしまいようになってしまいます。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)をおこなって、味覚が正常に戻れば、健康的な食生活に戻ります。

食材の本来の美味しさがわかるようになる

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)で、脳疲労が解消されると、これまで味の濃いものではないと満足できなかった食事が、食材の味を楽しめるようになります。

濃い味のものは、その分カロリーが高くなってしまうので、薄味で旬の食材を使った低カロリーでヘルシーな食事メニューで満足できるようになります。

今どきの食事は欧米化していますが、やはり日本人の体質には和食が合います。
脳疲労が解消されると、和食の美味しさにも気づけるようになると思います。

ストレスコントロールができるようになる

自分ではストレスを感じていない場合のストレスもあるのですが、この状態が一番危険ではないでしょうか。
脳疲労が解消されると、痩せるだけではなく日常的なストレスも上手く対処できるようになり、まずストレスを感じていると自覚できるようになります。
脳が疲労していない状態で、ストレスをしっかり気づけることにより、どう対処するのか冷静に考えられるようになるのです。

毎日忙しくストレスがたまりやすい世の中になってしますが、ストレスと上手に向き合うことができれば、日常生活の満足度も上がります。
1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)で、ストレスに負けない心と身体を手に入れましょう。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)

1日1快食ダイエットのやり方

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)のやり方を説明させていただきます。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の3原則

BOOCSの3原則

第一原則:例え健康に良いこと(運動など)や、良い食べ物でも、嫌であれば決してしない(食べない)。
第二原則: 例え健康に悪いこと(食べ物)でも、好きでたまらないか、やめられないこと(食べ物)は、とりあえずそのまま続ける(決して禁止しない)。
第三原則:健康に良くて、しかも自分がとても好きなこと(食べ物)をひとつでもよいからはじめる(食べはじめる)。
出典:http://www.boocs.jp/

epsomsolt

【解説】
第一原則:ダイエットしているからといって、嫌いな運動をしたり、美味しいと思えない食べ物を食べる必要はありません。
第二原則:やめることによりストレスになるのであれば、アルコールやタバコなど、健康に良くないといわれているものを無理にやめる必要はありません。
第三原則:ストレスからくる脳疲労を解消するためには楽しいことをしましょう。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の方法

それでは、1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の具体的な方法を説明させていただきます。

朝食は紅茶、緑茶、生ジュースの水分中心にしてください

夕食でたくさん食べているので、朝はあまりおなかが空いていない状態になっています。
食欲が落ちている状態で固形物を食べてしまうと、脳疲労が増してしまうので、ダイエット効果に悪影響が出てしまいます。

朝食は、水分だけの食事をとるようにしてください。

例:お茶・野菜ジュース・フルーツジュース・スムージー・スキムミルクなど。

昼食は楽しく食べる夕食までのつなぎと考えましょう

昼食は、夕食までのつなぎとして考えて、小腹を満たす程度にしておいてください。
がっつり食べてしまうと脳疲労をおこしてしまうので、軽食など控え目に。

夕食の時間が来るころには、おなかが空いた状態にしておくのが望ましいです。

例:サラダ・おにぎり・パン・うどん・そばなど。

夕食は満足するまで食べてもOK

夕食は、好きなものを食べていただいて大丈夫です。

なるべくゆっくり時間が取れるときに食べるとよいでしょう。
早食いをしてしまうと1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の効果が薄れてしまいます。

よく噛んで、食べることを楽しみながら食事を楽しんでください。

基本的に何を食べていただいてもOKですが、和食やヘルシーなメニューにすると効果的となります。
しかし、無理に和食にしてしまうとストレスになり脳疲労へと繋がってしまいます。

揚げ物などを食べてもらっても大丈夫ですので、それほど神経質にならなくても良いです。

例:焼き魚・煮魚・生姜焼き・野菜の煮物・納豆・豆腐・ハンバーグ・味噌汁・具だくさんスープなど。

お腹がすいて我慢できない時は、黒砂糖を

朝は水分のものを、お昼は軽食となると、最初はおなかが空いてしまってイライラしてしまうと思います。
無理して続けていくことは1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)を成功へと導く妨げとなってしまうので、間食をしていただいても大丈夫です。

黒砂糖を食べたり、黒砂糖入りの紅茶を飲んだりすると良いでしょう。
黒砂糖に含まれているブドウ糖が、脳疲労を解消する手助けをしてくれます。

しかし、それだけではおなかを満たすことができない場合には、りんごなどの果物やおにぎりなどでも大丈夫です。
1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)に慣れてくると、夕食まで食べなくても平気になってきます。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)

夕食を和食中心の食事に変えていくステップ

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の基本は、ゆっくり和食中心の食事に変えていくというダイエット法になります。

和食よりも洋食などが好きな方が最初から和食に変えてしまうと、挫折してしまう原因になってしまいます。
そこで、無理をすることなく少しずつ和食中心の食生活に変えていくステップをご紹介します。

ステップ・1

洋食や中華などが好きで、和食は苦手という方は、自分の好きなものを食べていただいてOKです。
まずは食べる楽しさや美味しさを実感してください。

ステップ・2

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)に、少し慣れてきたら、和食食材リストのもので作った、自分が好きな・食べれる和食メニューを1品でいいので取り入れてみてください。

作るのが手間だと思えば、市販のお総菜などでも大丈夫です。

ステップ・3

和食の美味しさに目覚めてきたら、和食のメニューを増やしていきましょう。
市販のお総菜などでも大丈夫ですが、旬の食材を使って手作りすることをオススメします。

料理をしてみると、より食べることの楽しさや喜びが増してくるので、脳疲労の解消にも効果的となります。

お米・旬の魚・旬の野菜(青菜や人参、大根、牛蒡などの根菜類がおススメ)・豆製品・海藻類・こんにゃく・自家製の漬物など、和食に使われている食材はダイエットの手助けをしてくれるものばかりです。

最終目標は和食中心の食生活となりますが、ストレスをため込んでは何も意味が無くなってしまうので、無理をしないように、自分のペースで和食のメニューへとシフトチェンジすると良いでしょう。

1日1快食ダイエットの注意点

1日1快食ダイエットの注意点を説明させていただきます。

焦らずじっくり取り組む

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)は、脳疲労を解消させながら少しずつ痩せていくダイエット方法となります。
提唱者の藤野先生が治療した体験者のデータですと、1ヶ月平均3.3kgの減量結果が確認されています。

しかし、脳疲労の状態によってかなりの個人差があるので、最初のうちに体型の変化が見られなくても、継続していくことで、必ず効果が出てくるので、焦らずじっくり取り組んでください。

妊娠中の方、持病をお持ちの方は医師と相談

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)は、健康な方であれば、子どもからご高齢の方まで実践できるダイエット法となり、10万人以上の肥満に悩む方がダイエットに成功されています。

しかし、妊娠中の方や糖尿病などの持病のある方は、医師と相談のうえで実践してください。

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)の口コミ

1日1快食にして今日で2週間目。2.5kg体重が落ちました。
朝と昼は飲みものだけ、夜は好きなものを食べています。
お酒が好きで毎晩飲んでいますが、炭水化物は控えめに食べています。
不眠症だったけれど、なぜか最近はよく眠れるようになったのでこのまま続けてみようと思います。

一日一快食ダイエットは、本当に効果があるのか疑問がありました。
だけど、実戦してみて本当に痩せる方法だと思いました。
私の場合は、ドカ食いは夜にして、次の日の朝と昼はほとんど食べません。
だけど、2キロほどダイエットが出来ました。
これは、人間の体の仕組みをついた素晴らしいダイエット方法だと思いました。
当分、続けて行きたいと思います。

朝食は抜くようにして、昼は軽く、夜は多めにしました。
準一日一快食ダイエットみたいな感じで痩せるかと思ったんです。
だけど、これだと痩せませんね。
やっぱり、総カロリー数を考えると、思った以上に摂取してしまうようです。

最後に

1日1快食ダイエット(BOOCSダイエット)のやり方や効果などわかりましたか?

1日1食だけと思うかもしれませんが、慣れてくると1食の食事を楽しんで食べることができるようになり、食べることへの感謝の気持ちも出てきます。

脳の疲労と体重を一緒に取り除いてあげてくださいね。

epsomsolt