敏感肌でも安心して使える化粧水5選とおすすめスキンケア方法

敏感肌だからどれがいいのか分からない…

周りと同じような化粧品を使っていても、使うと肌がキレイになるどころか荒れてしまう…。これは大丈夫かな?といつも買うのを躊躇ってしまう…。敏感肌だと色々と気を使わなければならないため大変ですよね。スキンケアをしたくても結局どれがいいのか分からず毎回これを使ってる!というものがなく、お気に入りが定まらないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、敏感肌の方におすすめしたい化粧水をご紹介!更に、スキンケア方法もあわせてご紹介致します!

こんな成分に要注意!

化粧水

出典:weheartit.com/

敏感肌の方は、普通肌の方には問題ない成分でも、肌が荒れてしまうことがありますよね。しっかり成分を確認してから購入しなければなりません。

鉱物油やミネラルオイル

ミネラルと聞くと肌に良さそうなイメージがありますよね。しかしここでいうミネラルオイルというのは、石油を精製する上で採取される鉱物油のことを指しているんです。鉱物油とは、石油、天然ガス、石炭などの地下資源由来の炭化水素化合物などを含んだ混合物のこと。一気に肌に悪そうなイメージになりましたよね。鉱物油はミネラルオイルだけでなく、パラフィン、流動パラフィン、マイクロクリスタルンワックス、ワセリン、セレシン、モンタンロウなど様々な名前で呼ばれています。この成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

油脂

肌の水分を保持するために使われることが多い油脂。ですが、敏感肌の方が使ってしまうとニキビなどの原因に繋がります。水分を保持するなら、オリーブオイルや最近話題のホホバオイルなどを使うと良いですね。

エタノール

アルコール成分も敏感肌の方にはNG。アルコール自体には殺菌作用がありますので、肌を守る役割も期待できます。ですが、アルコールは蒸発しますので肌の水分も一緒に蒸発させてしまうのです。そのため、アルコールフリーのものを選んだほうが乾燥やダメージを抑えることができます。

香料

良い香りがするものはついつい選んでしまいがちですが、元々香料というのは肌には不必要なものです。肌にとっては不純物ですから、敏感肌の方は当然反応してしまい、肌荒れの原因に繋がります。無香料のものを選ぶのが一番良いですね。

化粧水の注意点

肌

出典:weheartit.com/

顔以外の部分でチェックする

同じ敏感肌の方でも、肌荒れを起こす人とそうでない人といます。そのため、目立たない場所に少量の化粧水を塗って肌トラブルが起きないかどうかを事前にチェックしましょう。

必ず手の平で浸透させる

コットンを使うと肌にダメージを与えてしまうので、必ず手の平を使って優しく肌に馴染ませるようにして使いましょう。そうすることで摩擦を最小限にとどめることができます。

敏感肌の方のスキンケア方法

肌

出典:weheartit.com/

それでは、敏感肌の方におすすめしたいスキンケア方法をご紹介します。

NMFやセラミドを配合したものを選ぶ

まず化粧水を選ぶ際は、NMFやセラミドを配合したものを選ぶようにしましょう。敏感肌の方にとって大切なのは、肌を荒れさせず尚且つ肌に水分を保持して角質層まで浸透させることです。角質細胞は水分をキープしてくれる大切な場所なので、そこまで浸透させれば肌の保湿力がグンとアップします。

天然保湿因子であるNMFやセラミドは、肌に馴染みやすく角質層まで届きやすいため、水分をキープしやすくしてくれるんです。

保湿をするタイミングがポイント!

敏感肌の方はしっかりお肌を守らなければなりませんので、保湿するならお風呂から出た直後が狙い目です。お風呂に入った後は、しっかりと身体を洗い流している状態なのでまっさらでキレイですが、実は肌のバリア機能が低下しており、更に毛穴が開いているので浸透しやすい状態になっているんです。そのため、お風呂から出た後はすぐに化粧水、乳液、美容液を使って保湿をすることが大切なんですね。

手のひら全体を使って保湿すること

手のひらに伸ばさずにそのまま肌に乗せてしまうと、一部分だけに刺激を与えてしまい、他の保湿効果は低下してしまいます。十分な量を手に取ってそれを手のひらでしっかり伸ばし、肌を包むように優しく保湿してあげてください。手のひらは体温も高いため、より浸透しやすくしてくれます。

余分な化粧水は落とすこと

たっぷりと肌に乗せると潤いがより長続きするように感じますが、これも肌を荒れさせる一つの原因です。たっぷりと化粧水を使ったら、肌に乗っている余った化粧水はティッシュなどを乗せて押し当て拭き取るようにしてください。決してティッシュでゴシゴシしないように注意しましょう。

乾燥が気になる時は保湿を念入りに!

冬は特に乾燥が気になる季節。いつもと同じような保湿では肌が追いつかない場合があります。そのため、保湿をより念入りに行う必要があるんです。保湿効果のある美容成分たっぷりのシートマスクを利用すると良いですね。長時間つけているとシートが乾いて肌の表面にある水分をグングンと吸い取ってしまいますので、しっかり時間を守って使うようにしましょう。クリームタイプなどはその心配がありませんのでおすすめです。

美容液を使ってマッサージしよう

肌の血行が悪くなっていると、冷えを起こし、肌荒れや乾燥の原因に繋がる場合があります。そのため、美容液やホホバオイルなどを使い肌をマッサージしてあげましょう。これも長時間やることで肌にダメージを与えてしまいますので、短時間で終わらせるように心がけてください。

お風呂に入っている間も注意しよう!

風呂

出典:weheartit.com/

敏感肌の方は、スキンケアだけでなく、お風呂に入っている間も注意すべきことがあります。これを改善すれば肌への刺激も少なくなり、肌荒れを起こさなくなることもあるんです。

お湯の温度は低めに

熱いお湯はそれだけで肌のバリア機能を失います。肌への刺激を最小限にするために、ちょっとぬるめのお湯を使うようにしましょう。

手で撫でるようにして洗う

ゴシゴシと洗ってしまうのは絶対にNG。肌を荒れさせる原因の一つです。しっかりと泡立てネットで泡立てたら、泡を手に取り優しく撫でるようにして洗ってあげましょう。ゴシゴシしなくてもそれだけで十分汚れは落とせます。何度も洗うと必要な皮脂も洗い流してしまいますので、一日に洗う回数は1回に留めておきましょう。

DECENCIA アヤナス

ディセンシア

出典:instagram.com/

とろみエキスで肌に潤いを与える高保湿化粧水。高浸透グリセリンを配合していますので、皮脂の成分と馴染みやすく、浸透性とみずみずしさを両立してくれるんです。ポイントは、ヒト型セラミドをカプセル化して通常よりも4倍ものセラミドを配合していること。これは一度使ってみたくなりますよね。

睡眠不足やストレスなどで、肌は皮膚温の低下を引き起こしますが、アヤナスはその働きを阻害する役割があります。ストレスに負けずに正常な角層を生むための“3種の成分を複合化”したディセンシアオリジナル成分、ストレスバリアコンプレックスによって、内側から肌を守ります。

肌のバリア機能を高めて、肌の炎症を抑制。更にエイジングケアとしても使えますので、美肌効果が期待できます。

DECENCIA つつむ

ディセンシア

出典:xn--cckb3comi6fykwf6462a320bsrkz03bq45b.com/

敏感肌の方のために作られた、敏感肌用保湿化粧水。日々しっかり保湿をしていても、肌がその潤いを保持する力が低ければ、肌はどんどん乾燥してしまいます。つつむはチェーンモイスチャライジングシステムを独自で開発し、水分の蒸発を防いで保持力を高める技術を採用しているんです。

使用した方の約93%が肌の変化を実感!水分をしっかり閉じ込めて潤いを与えつつ、敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

無印良品 敏感肌用化粧水 高保湿タイプ

無印良品

出典:sizenoteplus.jp/

敏感肌になると乾燥も気になってきますよね。その両方をしっかりとケアしてくれるのが無印良品の敏感肌用化粧水。肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキス、保湿効果の高いリピジュアR、ヒアルロン酸を配合しています。200mlで666円とコスパも申し分なし!大容量なので、惜しまず一度にたくさん使えるのは嬉しいですよね。

キュレル 潤浸保湿 ジェルローション

キュレル

出典:sakura-ice.net/

乾燥性敏感肌の方におすすめ!潤浸保湿セラミドケアを採用しているので、外部からの刺激を防ぎ、健やかな肌へと導いてくれます。赤ちゃんにも使える低刺激なものなので、どれを使っても荒れてしまう・・・という方には是非一度使っていただきたいですね。ニキビができやすい!という方にもおすすめです。

KIREIMOナチュラル ローション モイスチャー

エムエスエイチ

出典:yellowusagi.blog.fc2.com/

徹底保湿&毛穴レス化粧水。脱毛後のお肌に使ったり、敏感肌の方でもお使いいただける化粧水です。水と植物性由来成分を99%以上配合しているという贅沢さ!保湿力の高さは口コミでも評判で、特に乾燥が気になる冬にはぴったりの化粧水です。敏感肌にも使えて、更に毛穴レスを目指せるのはとても良いですよね。女性は一本持っておくと便利なのではないでしょうか?

もう肌荒れに悩まない!

敏感肌だからといって美肌は諦めたくないですよね。保湿効果を高めて、しっかり角質層まで届くものを選ぶことが、敏感肌の方の肌荒れをなくす方法です。刺激の強いものを使っていた方は、今すぐに化粧品を見直しましょう!ずっと使い続けられる化粧水を見つけるためにも、是非参考にしてみてくださいね。