【超効果的 】人気のダイエット方法20選!〜食べ物・運動〜

定番のものから話題のもの、人気のダイエット20個をまとめました!
ダイエットの効果や、やり方を中心に説明していきます。
自分に合う方法を見つけて、ぜひダイエットの参考にしてみてくださいね。

ココナッツオイルダイエット

「脂肪燃焼」と「食事抑制」、この2つが特徴です。
一日の量は、大さじ2~4杯が目安。
食事をする約3時間前にココナッツオイルをとるとベストです!
食事抑制効果が働くのは、摂取してから約3時間後に最も作用するといわれています。
コーヒーに入れて飲んだり、炒め物や揚げ物といったふだん使っている油をココナッツオイルに変えると、食生活に取り入れやすくなりますよ。

玄米ダイエット

玄米がダイエットにいいといわれるのは、大きく3つ。

  • 白米に比べ、そしゃく回数が多くなるので満腹感を得やすい
  • GI値が低いため脂肪がつきにくい
  • 豊富に栄養素が含まれているため、余計に食べたいという欲求が抑えられる

半年や1年単位といった長期的な継続によって、徐々に効果が表れてくるダイエットです。
カロリー自体は白米と変わりませんが、多くの栄養素が含まれていることが大きな違い。
栄養状態を崩さず、体の満足度も高いストレス軽めなダイエットです。

ヨーグルトダイエット

定番ですね。やり方も本当にいろいろあります。
まずはヨーグルトの効果から。

  • 乳酸菌によって腸内環境が整い痩せやすい体になる
  • カルシウムによる脂肪燃焼効果あり

ヨーグルトは、食べ過ぎに注意!

一日の量は、200g程度が望ましいです。
低カロリーではないため、大量に食べていいというわけではありません。
食べ過ぎは太る原因になります。
食べる時間帯は、夜遅い時間帯だと消化しきれず、内臓にとっても良くないので、寝る直前は控えましょう。

食べる順番ダイエット

食事の食べるものの順番を変えることで、ダイエット効果を引き出しやすくする方法です。
この順番を参考にしてください。

  • 汁物…スープやみそ汁
  • 野菜や果物…サラダや煮物
  • たんぱく質…肉や魚などメインのもの
  • 炭水化物…ごはんやパン、麺類

血糖値が上がりにくいものから食べる ことが重要です。
血糖値を急激に上げてしまうと、からだに脂肪がつきやすくなります。
まずは汁物でお腹を膨らませておき、おかずを食べ、一番最後に炭水化物でしめましょう!

低炭水化物ダイエット

large-3
出典:http://weheartit.com/entry/257671732/search?context_type=search&context_user=IdietitianIndia&page=13&query=diet

炭水化物を減らせば、高確率で成功する!

先述したとおり、炭水化物は血糖値が上がりやすく、脂肪を蓄える性質があります。
その炭水化物の量を減らすことができれば、成功率はぐぐっと上がります。
では、完全に抜けばいいのでは?
答えはNO。
やったことがある方ならお分かりかと思いますが、かなり疲れます。
体へ相当の負担がかかり、免疫力が落ちてしまうのです。
健康を維持しながら行うには、夜だけご飯を摂らないというやり方がシンプルでいいと思います。カロリーを消費しやすい昼と夜はしっかり食べ、夜だけ抜いて効率的にダイエットしましょう。

白湯ダイエット

低体温や冷え性の女性にぴったり!

白湯とは、水を沸かして飲みやすい温度に冷ましたもの。
消化力が上げ、からだに溜まった毒素を排出します。
体が温まることで、燃焼しやすい体を作りダイエット効果も高めます。
ただし、飲み過ぎはNG!むくみやすくなります。
白湯は1日に1リットルまで にとどめておくといいですよ。

豆乳ダイエット

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、中性脂肪を抑える作用があります。
女性ホルモンとよく似た働きをするので、ダイエット時のストレス緩和にも役立ちます。

飲むタイミングがダイエット成功のカギ

生理期間中は、からだが栄養を蓄えようとする時期です。
生理になると体重が増加しやすくなるのはこのことから。
時期を間違えると、逆に太ってしまうことがあります。

  • 飲むタイミングは、「生理予定日の7~10日前から生理開始日まで」
  • 飲む量は、1日に約200ml程度

豆乳の特徴をふまえたうえで、キレイを身につけてください。

野菜スープダイエット

large
出典:http://weheartit.com/entry/257729858/search?context_type=search&context_user=Colorfly&page=13&query=diet

野菜スープはどれだけ食べてもOK!

脂肪燃焼しやすい野菜入りのスープを食べて痩せるダイエットです。
いいところは、野菜スープは制限なく食べてもいい という点。
野菜は低カロリーなので、たくさん摂っても太りにくいですからね。
空腹との戦いをしなくていいって最高です。
一押しのやり方は、1週間毎食ほかのものを食べる前に必ず1杯以上食べる!
スープでお腹がふくれてスープ以外の食事量も減らしやすくなります。

野菜スープのおすすめ具材はこちら

  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • トマト
  • セロリ
  • ニンジン
  • ほうれん草

どれも手に入りやすいものばかりです。
ほかの野菜をいれてもいいですよ。ただし芋類はカロリー高めなので割合少な目に。
スープの味付けは、コンソメやカレー味などその日のお好みでどうぞ。
1~2週間くらい続けると、数字に表れてくる人が多いようです。

夕食抜きダイエット

夜の食事を抜くと効果は絶大!

3食のうち夕食だけ摂らないようにするダイエットです。
代謝が落ち、脂肪をため込みやすい夜の時間帯に食事を抜けば成功確実 といっても過言ではありません。
夜抜いたら痩せた!という人も多いでしょう。
しかし、人によってはとても辛くギブアップしてしまう人が多いのも事実。

夜抜くのが無理ならまずは軽食から、そして早く寝る!

夜を抜くのが難しい場合は、スープやサラダなど、軽食をとるところからスタートするとやりすいです。
あとは、夜食べない苦しさを忘れてしまうためにも、さっさと寝てしまうこと。
これに尽きます!
まずは一週間続けてみましょう。

クエンズダイエット

large-2
出典:http://weheartit.com/entry/257669069/search?context_type=search&context_user=IdietitianIndia&page=13&query=diet

5キロやせた人もいる!?

某TV番組でも紹介された、海外セレブたちの間で人気のダイエット。
1週間で5キロ以上体重が落ちたという人もいるんだとか。

クエンズダイエットは、野菜ジュースと水以外はいっさいとりません。
野菜に含まれるカリウムによって、体の中の老廃物を除去。
さらに偏食などでアルカリ性に傾いた体内環境を酸性にします。
酸性に変わることで、本来必要のない脂肪や糖分の吸収を防ぎます。

短期集中!ストイックな人におすすめ

行う期間は3日~長くても5日。
その間、野菜ジュースと水は飲んでOKです。

断食に似ているので、空腹の壁を越えられないと人によってはかなりきついです。
しかし、しっかり行えば成功の確率は高いです。
実践あるのみ!ですが、終了後は食生活のバランスが整い、ジャンクフードへの欲求が減るという嬉しい一面もあります。

レコーディングダイエット

手法は、毎回の食事の中で、どれだけのエネルギーの物をどれだけ食べたかを逐一記録し、自分の一日の総摂取エネルギー量を確認する、という簡単なものだが、この行為を反復することにより「無意識に摂っていた間食などの食材」を自覚し、肥満に繋がる食生活のパターンを戒める意識が自分の中に根づくというものである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88

実際に食べたものを全てメモするという行為、やってみると何気にめんどうな作業です。
めんどくささのあまり、「間食するのはやめよう!」 となります。
こうなる方はこのダイエット向いているかもしれません。

また、食事内容を目に見える形にすることで、食事の偏りに気付くことができます。
とにかく食べたものは全部書くというところから始めて、余裕が出てきたらカロリー制限を設けるという風に段階をつけると、ゆっくりですが着実に結果として表れてくるでしょう。

ジョギングダイエット

脂肪を燃やすには20分以上走ること!

ジョギングを続けて行うことで、基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体を作っていきます。
20分以上走ることを目安にしてください。
有酸素運動で、脂肪が燃え始めるのは20分から といわれています。
また、20分間走ると快感ホルモンと呼ばれるエンドルフィンという物質が分泌し始めます。
20分を超えれば、そこからは比較的心地よい感覚で走れるようになります。

ウォーキングダイエット

運動が苦手な方でも難なくできます。
1時間あたりの消費カロリーは高くないですが、体の負担が軽い運動です。
これも有酸素運動ですので、最低20分以上は歩きましょう。
脳内にたっぷりと酸素が送られるため、リフレッシュ効果もあります。
最低週3日ペースで継続しましょう。
気楽に健康的に続けられるのがこのダイエットの良さではないでしょうか。

スクワットダイエット

太もも、お腹、背中をシェイプアップ!

減量しただけでは、スタイルが良くならないことってありますよね。
スクワットは、太もも、背中、お腹を中心に引き締めます。

1日50回を目標に行います。
一度に50回行うのはきついので、1日3回に分けるのもOK!
効果は早い人だと2週間程度で表れてくるようです。

ポイントは背中を丸めないように行うこと。
意識することでさらなるスタイルアップが期待できます。

エア縄跳びダイエット

縄跳びをする「ふり」をして跳ぶエクササイズです。
縄跳びは昔からダイエットの話題によく持ち上がりますが、うまく跳べなければ意味がありません。これなら失敗することなく、しかも場所を選ばずどこでもできます。

ダイエット成功への大まかなステップ

  • 最初は1日3分を3セット行う(休憩はさみながらでOK)
  • 慣れてきたら1日30分跳ぶ(途中休憩してOK)
  • 効果を実感できるようになる

最初のうちは苦しい方もいるようです。
そんなときは、縄跳びだけで痩せようとせず、他のダイエットと併用するという形をとってみましょう。

フラフープダイエット

腰を回して行うので、ウエストのくびれを作りたい人におすすめです。
10分あたりのカロリー消費量は約100kcal。
こちらも有酸素運動ですので、1日20分以上行うのが理想的です。

注意点はフラフープの重さ!
軽すぎると回しにくくなります。500g以上のものを使ってください。

バランスボールダイエット

バランスをとる運動は体幹を鍛えます。
体幹を鍛えると、正しい姿勢を保つのに必要な筋肉がつき、お腹や背中のシェイプアップ、バストアップに効果的です。

努力できる環境を作ろう

買ったはいいけど、部屋の隅っこに転がっている、なんて人もいるのでは?
半強制的にボールを使わざるを得ない状況にするのもひとつの手です。

バランスボールの使い方はいろいろありますが、私の場合は、自宅でいるときはいっさい椅子を使わず、バランスボールに座るというやり方を実践しています。

椅子代わりにしてしまえば、常に正しい姿勢を保とうという意識が働きます。
そうしていないと、すぐにボールのバランスが崩れてしまいますからね。
環境をうまく利用して、成果が早く見えればやる気もアップしますよ!

ダンスエクササイズダイエット

楽しめながらできるダイエットといえばこちら!
ダンスは、ダイエットをしているという感覚を忘れさせてくれます。
ジャズダンス、ベリーダンス、カーヴィーダンス、社交ダンス、いろいろありますね。

なかでも、ベリーダンスは柔軟性のある動きが多いため、女性らしいしなやかな体づくりに最適です。
ベリーダンス?と聞くと難しいイメージを抱く方もいるようですが、初心者向けのクラスもあります。ダイエット効果と同時に女性の魅力をひきだす表現力も身に付きます。

ロングブレスダイエット

考案した美木良介さんから指導を受け実際に減量した芸能人も多数。
簡単にいうと、足を前後させて立ち、強く腹式呼吸を行います。
とくに吐く息の時は体に圧力をかけるように強く吐き切ることで、インナーマッスルを鍛え体を引き締めていきます。
抑えておきたいポイントはまだあるのですがここでは割愛しますね。

痩せないという口コミもありますが、これはおそらく自分でやるとやり方を間違えやすいことが影響していると思われます。
本気でやるなら、専門の教室に習いに行くというのも検討しましょう!

ヨガダイエット

ダイエットだけではなく、美肌効果やストレス解消などたくさんの効果があります。
が、やったことがないという方は必ずヨガ教室に行ってくださいね。
効果を存分に得るために、多少コツをつかむ必要があります。

ヨガのダイエット効果は大きく3つ

  • 体幹を鍛えることで代謝がアップし、引き締まった体つきになる
  • 血流やリンパの流れが良くなり、すっきりとしたボディラインになる
  • 継続することで自律神経が整い、体に不必要なほどの食欲はなくなる

ダイエットには、胸式呼吸のヨガ

ヨガの流派には様々なものがあります。
ダイエットに特化させるなら「胸式呼吸」で、「少し強度を感じる」ヨガ
を選ぶといいでしょう。
ヨガは、日々のストレスをリリースし、心身のバランスが安定しやすくなるため、リバウンドしにくいダイエット方法です。

まとめ

large
出典:http://weheartit.com/entry/258926248/search?context_type=search&context_user=fashionforeveryone_&query=ダイエット

さて、いかがだったでしょうか。
気になるダイエットはありましたか?
体質や好みは人それぞれなので、短期集中が得意な方、こつこつ続けるのが合っている方、運動好きな方、それぞれ自分に合うやり方があると思います。
自分のペースを大切に、楽しく美BODYを作り上げていきましょう。