1週間で変わる!小顔ダイエットで二重あごや丸顔とおさらばしよう

「最近、顔が大きくなった気がする…。」
「ダイエットしているのに、顔だけ痩せないんだよね…。」
と、気になっている方いませんか?

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

小顔ダイエットは、簡単なマッサージやエクササイズをやると、短期間で結果が出やすいので、是非試してみてください。

■顔が大きくなっている原因を知っておきましょう。

ダイエットをしても、顔だけあまり変わらなくて、折角痩せたのに、あまり痩せて見えないときありませんか?
そこで諦めなくても大丈夫です!

小顔になるために、マッサージやエクササイズをすると、数日で結果が出ます。

難しいことをする必要はなく、とても簡単な方法で短時間やるだけなので、誰にでも出来ます。
小顔を目指すためには、毎日継続してやってください。

さて、小顔を目指す前に、自分の顔が大きくなっている原因を知っておく必要があります。

・むくみ太り

一番多い原因が「むくみ」ではないでしょうか。

身体は、それほど太くないのに、顔だけが大きく感じるときは「むくみ」が原因になっていることが多いのです。

食生活によって塩分過多になっていたり、アルコール摂取、血流の悪さから老廃物が溜まっていたり、睡眠不足・過労など、さまざまな要因で、顔に水分が溜まってしまうことで「むくみ」が起きてしまいます。

この「むくみ」を取り除くことで、小顔になることが出来ます。
一番簡単に小顔になれると言えるでしょう。

・脂肪太り

脂肪太りで顔が大きくなってしまっている方は、顔だけでなく身体も大きい場合が多いので、小顔ダイエットだけをやっても、あまり効果が出ないので、全身ダイエットも併用してやることで相乗効果を発揮します。

・筋肉の衰え(加齢)

表情筋の筋肉が衰えてくると、たるみが出てしまうため、顔が大きく見えるようになってしまいます。

加齢も原因の1つになりますが、若い方でも表情筋をあまり使っていないとたるみます。
表情筋をしっかり使うことで、たるみを防ぎ、小顔へと導きます。

・運動不足

運動不足になると顔だけでなく、全身が太ってしまいます。

基礎代謝が低下することで、脂肪を溜めやすく、血液やリンパの流れが悪くなるため、老廃物を溜めてしまい、太りやすい体質になってしまうのです。
ハードな運動やエクササイズが苦手という方でも出来る、簡単なストレッチやエクササイズをやってみると良いでしょう。

・固太り(筋肉太り)

食事をするときなど、片方だけで噛むクセのある方は、そちらの筋肉だけ発達してしまい、顔が大きく見えてしまうことがあります。
噛むクセを直すことで、改善されることが多いです。

・骨盤のゆがみ

顔から離れている骨盤ですが、この骨盤がゆがむことにより、全身のバランスが崩れてしまいます。

鏡を見て、左右の眉毛の高さなどが大きく違っている場合は、骨盤のゆがみが原因になっていることが多いです。
そのため小顔ダイエットだけやっても、一時的にしか効果があわらわれないので、骨盤矯正も同時にやると良いでしょう。

■小顔になるためのマッサージ・ストレッチ・エクササイズ

小顔になるためには、何をしたらよいのでしょうか?

食事制限では、小顔にはなれません。
顔を小さくしたければ、「リンパマッサージ」「ストレッチ」「エクササイズ」をやる必要があります。

難しかったり、激しい運動は無いので、誰にでも出来ます。
しかも、すぐに効果が出はじめるため、やり甲斐があると思います。

毎日継続して続けることに意味があるので、サボらず頑張ってくださいね。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

小顔になるためのリンパマッサージ

リンパマッサージをやるときは、お風呂の中かお風呂上がりにやると、より効果を発揮します。
お風呂上がりのときは、オイルやクリームを使うと、滑りがなめらかになり、肌を傷めることがありません。

夜だけでなく、朝メイクをする前のスキンケア用品を塗るときにも、軽くやると良いでしょう。

リンパマッサージをやることで、血行を良くし、老廃物を排出して、たるみやむくみを取ります。

皮膚が薄い目の回りや口元などは、あまり力を入れすぎずソフトに。
ほほ・おでこ・あごなどは痛気持ちいいくらいの力加減で。

★おでこのリンパマッサージ★

1・両手の人差し指・中指・薬指の3本をおでこの中心部分にあてます。
2・眉の上あたりから、こめかみに向けて流します。
3・おでこの真ん中を、同じように流します。
4・おでこの生え際あたりを、同じように流します。
5・2~3を、3回ほど繰り返します。
6・最後に、こめかみから首へとリンパを流してあげます。

★ほほのリンパマッサージ★

1・両手の人差し指・中指・薬指を、あごにあてます。
2・あごのラインに沿って、ほほを持ち上げるように流します。
3・ほお骨の下あたりを、同じように流します。
4・ほお骨の上を、こめかみに向かって流します。
5・2~3を、3回ほど繰り返します。
6・最後に、こめかみから首へとリンパを流してあげます。

※指先ではなく、手のひら全体を使うようなイメージでやってください。

顔だけでなく、首のリンパマッサージをやることも大切です。

引用元:モテ子 BEAUTY

小顔になるためのストレッチ

いつでもどこでも気軽に出来るストレッチで、小顔になりましょう!

★舌出しストレッチ★

1・背筋を伸ばして、座るか立ちます。
2・舌を思いっきり前に出して、3秒キープします。

★ほうれい線にも効果があるストレッチ★

1・口を閉じます。
2・ほうれい線をなぞるように、舌をぐるりと10回ていど回します。
3・逆周りも、同じようにやります。

引用元:Sports Graphic Number

小顔になるためのエクササイズ

エクササイズといっても、ストレッチの延長のような簡単なやり方ばかりです。

★簡単あいうえおエクササイズ★

1・全力で「あいうえお」と言うだけ!!(声は出さなくても大丈夫です。)

※顔の表情筋を使って、口も思いっきり開けるすぼめるを意識してください。

★風船のようにふくらますエクササイズ★

1・ふぐのように、空気を含ませて思いっきりふくらませます。
2・3秒キープして、中の空気を抜きます。
3・3回ほど、繰り返してください。

★耳たぶ回しエクササイズ★

1・耳たぶを持って、後ろ向きに5回ほど回します。
2・回し終わったら、下方向へ優しく引っ張ります。
3・もう1度、先ほどと同じように5回ほど回します。

※あごの筋肉の緊張がゆるみ、肩こりの解消にも繋がります。

引用元:スキンケアTV《メディシル》

引用元:美コア / Yamaguchi Erika

日常生活でやれる、身近な方法

「マッサージ」「ストレッチ」「エクササイズ」以外にも、日常生活の中で、小顔になれる方法があります。
どれも簡単なことなので、やってみてください。

★ガムを噛む★

ガムを噛むことで、あごの筋肉などを使うため、血行が促進され、脂肪の燃焼率もあがります。
また、唾液が分泌されやすくなり、食欲を抑える効果もあります。

キシリトール入りのガムを噛むことをオススメします。

★滑舌をよくしましょう★

滑舌よく話すということは、顔の表情筋をたくさん使っていることになります。
大袈裟にすると不自然になってしまいますが、意識してみると良いでしょう。

★食生活を改善してみましょう★

柔らかいものや、あまり噛まずに食べれるものばかりだと、顔の表情筋を使う機会が減ってしまいます。
根菜類など、しっかり噛まないといけないものを食べることで、小顔ダイエットにも繋がります。

★表情豊かを意識してみましょう★

人間には「喜怒哀楽」が備わっています。
いろいろな表情が出来ることで、表情筋もたくさん使うことが出来ます。

笑うときに、思いっきり笑ったりするだけでも、にこりとするときより表情筋を使います。

女優のように、表情豊かを心がけるだけで小顔エクササイズになるので、意識してみてください。

★歯ブラシを使って小顔に★

普段の歯を磨くときに、しっかりブラッシングをすることで、小顔効果を得られます。

9858e5dcef4b0f72b4aaa3bcafa3546b_s

小顔になるためには、毎日継続して「リンパマッサージ」「ストレッチ」「エクササイズ」をやることが、一番の近道ですが、顔やせグッズなどもあるので、補助的にそれらも取り入れてみるといいかもしれませんね。

顔やせマスクや小顔ローラーなど、いろいろな種類の顔やせグッズがあるので、試してみてください。

Etech マッサージローラー フェイス&ボディー用 3D 美顔器 フェイスローラー フェイスケア シルバー (Sサイズ)
https://www.amazon.co.jp/dp/B01JYE26I6

ゲルマニウム小顔サウナマスク
https://www.amazon.co.jp/dp/B007M67WNI

リフトレージュ遠赤外線ローラー・フェイス用
https://www.amazon.co.jp/dp/B00ALO50RS

最後に

小顔ダイエットだけに限らず、ダイエットというのは、「一日にしてならず」です。

努力なくして、美しさを手に入れることは出来ないと考えておいてください。
頑張ったら、頑張っただけ、必ず結果に繋がります!!